飛行機メイクしたまま?落とすべき?落としたらいつメイクすればいいの?

記事上

スポンサードリンク





長距離を飛ぶ飛行機の場合は、メイクが気になりますね。

落とすべきか、落とさないべきか、落としたくないと

悩む人は多いと思います。

長距離の飛行の場合は、メイクは落としましょう。

おすすめは、無香料のクレンジングシートです。

次は、目的地に近づくとメイクをしたいと思いますよね。

その際は、狭い座席では化粧の匂いとか周りに充分に

配慮してしましょう。

飛行機内ではすっぴんで

スポンサードリンク

飛行機を使っての旅行、特に長距離を飛行機で

移動する場合は女性の場合メイクが気になりますね。

日頃すっぴんに慣れていない人の場合は、

すっぴんでいることはとても不安で人目が気になるものです。

ですから、どうしても飛行機搭乗までは

バッチリメイクをきめておきたいものです。

ですが、長距離飛行の場合はメイクをしたままだと

くつろぐこともできませんし、肌にも良くありません。

そこで、化粧を落としてすっぴんになることを

おすすめします。

一番良いのは、搭乗ゲートにあるトイレでメイクを落として洗顔し

充分な保湿を行った上で飛行機に乗ることです。

どうしても、メイクをしたまま搭乗したいのであれば

機内での食事後照明が落ちるのでその際にメイクを落とすようにします。

いずれにせよ、機内ではすっぴんになる方が

リラックスできますしお肌にも良いのでおすすめです。

機内でのメイク落としは?

飛行機

長距離の飛行の場合は、機内で食事や映画などを楽しめます。

その後は睡眠時間となりますが、女性はメイクをしたままだと

眠れない人がいるのではないでしょうか。

また、メイクをしたままだとお肌のためにも良くないです。

そこで、おすすめしたいのはシート状になっている

クレンジングです。

様々なクレンジングシートが販売されているので

是非飛行機で旅行する際には持参するようにしましょう。

また、クレンジングシートと合わせて、化粧水を含ませた

ローションシートも持参するのを忘れないようにしてくださいね。

シートだと液漏れの心配もないのでおすすめです。

ですが、狭い機内では香りが気になるので

無香料の品を選ぶようにしましょう。

さらに、どうしても洗顔してメイクを落としたいのであれば

トレイを利用し、次の人のために手早く済ませましょう。

飛行機の座席で化粧する?

空港

飛行中にはメイクを落として寛ぎますが、

飛行機が目的地に着陸する前にメイクをしたいですね。

特に、目的地に会いたいと思っている人が

待っている場合は、綺麗な姿を見てもらいたいです。

飛行機内で化粧をするとなれば、自分の座席か

トイレですることになります。



スポンサードリンク


トイレでメイクをするとなれば、トイレの順番を待つ人が

いることが気になりゆっくりとメイクすることができません。

そうなれば、座席で化粧することになります。

ところが、人前で化粧するのは恥ずかしい気がしませんか。

また、化粧品の匂いを嫌う人もいるので

狭い機内なので配慮が必要です。

どうしても飛行機内で落ち着いて化粧ができない場合は、

着陸後入国審査を行う前に空港内のトイレで化粧する

というのも良いですね。

その方が、入国審査の長蛇の列を避けることも

できるので良い選択肢ですよ。

まとめ

旅行

搭乗前にすっぴんになるか飛行機に搭乗後

すっぴんになるかは状況次第ですが、

機内ではすっぴんになることをおすすめします。

機内でメイクを落とす場合は、機内のトイレか

座席で落とすことになりますがその場合は

周りの座席の人たちへの配慮を忘れないように

しましょう。

機内でのメイク落としには、

クレンジングシートがおすすめです。

また、ローションシートを使って充分な

保湿を忘れないようにします。

そして、機内で化粧をする際にはトイレを

使うにしろ化粧の匂いを嫌う人もいるので

注意しましょう。

また、落ち着いてメイクしたのであれば

着陸後に空港のトイレを使うのも良いですよ。

記事下

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする