ダイエットは運動と食事の順番次第で脂肪燃焼率が何倍もちがう?!

記事上

スポンサーリンク

ダイエットを決意し運動をしようとしても

日々仕事が忙しくて、なかなか時間が取れない!

そんなあなたにぴったりな

効率の良いダイエット方法があるのです。

ダイエットは適当にやっても、痩せなかったり、

逆にストレスでリバウンドなどをしてしまう

可能性があるので、食事や運動の順番など

しっかりと理解して効率の良いダイエットに取り組みましょう!

効率的にダイエット!運動は食事の前後どちらが痩せやすい?

スポンサーリンク

効率的にダイエットをするなら

運動は食事の前後どちらが効果があるのでしょうか。

答えは・・・

やる運動の内容によって食事の前後どちらも正解となります。

まず有酸素運動する時は食前の方が

効率良く脂肪を燃焼してくれます。

運動を始めるとまず体内にある糖分を

エネルギーとして燃やしていきます。

だいたい20分くらいで体内の糖分は

燃料切れを起こすので、そこから初めて

元々蓄えられてる脂肪をエネルギーに変えて

運動を続けることが可能なのです。

食後だと先に糖分をエネルギーとして使い始めるので

脂肪燃焼までに時間がかかってしまいます。

食前なら、体内に余計な糖分がないため

最初から脂肪を燃やし、効率よく

ダイエットができますよ。

無理やり食前の状態を作るのも面倒なので、

オススメのタイミングは朝食前です。

寝ている間は何も食べていないので、

朝ちょっと早起きをして、軽いウォーキング

などをするとかなり効率良く脂肪を燃焼してくれます。

しかし、筋肉をつけたいのであれば、

食後に運動をする事をオススメします。

本来筋トレをするなら2時間前くらい前までに

しっかりと食事をすると一番良いのですが、仕事で

「2時間前にご飯なんて食べてられない!」

なんてこともあると思います。

そんな場合はバナナ1本やおにぎりなど

軽い炭水化物を食べてから筋トレを始めましょう。

食前で空腹状態では血液中に栄養がない状態です。

これではすぐにスタミナ切れを起こしますし、

なかなか筋肉もついてはくれません。

脂肪をとにかく燃焼させたいのであれば食前、

筋肉をつけたいなら食後と、これが一番効率

良い運動方法です。

絶対に痩せる!効率的なダイエットのための運動メニューはコレ!

ダイエット 運動 食事

絶対に痩せるにはダイエットに費やす時間が重要なのです!

とにかく痩せたいからと激しい運動をしても

長時間続ける事はできません。

ガツガツと短時間運動をする消費カロリーより

長い時間運動をした方が消費カロリーは多くなります。

効率的に痩せたいのであれば、

できるだけ長い時間運動できるような方法を

選んだ方が結果的には痩せやすくなります。

長時間できるダイエットの運動としては、

やっぱりランニングなど全身を使って走れるので

一部分だけに負荷がかかるのではなく、分散させて

運動ができるので消費カロリーは大きくなります。

また水泳のクロールはランニング以上にカロリーを

消費するのでオススメなのですが、イチイチ

プールまで行かなくてはいけないですし、

泳げない人にとっては長時間泳ぐことは不可能です。

ならばやっぱり誰でも簡単にできるランニングを

オススメしますが、目標を1時間走る!などに

設定してしまうと、だんだん嫌になって止めてしまいます。

最初から長い時間を設定するなら、

とにかく歩みを止めない事が大切です。

最初はウォーキングからスタートし、体が温まったら

「あそこまで走ってみよう」など目で見える目標物まで

走り、その後は息を整えながらまたウォーキングに戻して、

また走るなど小さな目標を立てながら体を慣らしていく。

そうすることで、1時間程度休みなく走る事も

苦痛ではなくなってきますよ。

しかし仕事で忙しくて1時間も時間が取れないなんて場合は、

会社や駅などではエスカレーターやエレベーターなど使わず

階段を昇り降りをするだけでも、だんだんとダイエットの

効果は現れてきます。

普段から階段を使っていれば足腰が鍛えられているので

休みの日や早く帰って来れた日にはランニングに出かけても

体が軽く動くので痩せ体質になってきます!

まとめ

ダイエット 運動

ダイエットするには自分がどうなりたいかによって

食事や運動の順番が変わってきます。

ただ漠然とダイエットを始めるよりも、

色々なことを守って取り組むと効率よく痩せる事ができます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事(一部広告含む)

関連記事(一部広告含む)