コカコーラゼロはゼロカロリーじゃない!?毎日飲んだらどうなるのか?

スポンサーリンク

ダイエットを成功させたいなら、

飲み物にも気を配る必要があります。

 

 

すっきりした飲み口がおいしい

コカ・コーラは好きな人も多いです。

 

 

でも、コカコーラゼロカロリーなら大丈夫、

と油断すると大変な目にありますよ。

スポンサーリンク

 

 

コカコーラゼロの成分と糖分はなに?

程よい炭酸とすっきりした飲み口で

コカ・コーラは人気があります。

 

 

コカ・コーラの甘み成分は

糖類(果糖ぶどう糖液糖、砂糖)で

カロリーは100mlで45kcalです。

 

 

甘み成分は「人工甘味料」で

スクラロース、アセスルファムKが

使われています。

 

 

0kcal と表示されていますが、これは

5kcal 以下は0kcal と表示して良いことに

なりますので、実際は微量ではあるものの、

カロリーがあることになります。

 

 

つまり、いくら飲んでも0kcal と思っている

のは間違いということです。

 

 

コカ・コーラの好きな人なら、

コカ・コーラとコカコーラゼロの味の違いは

すぐわかります。

 

 

コカコーラゼロの味が好きで、たまに飲む

ならいいのですが、「0kcal だから」

という理由でコカコーラゼロを飲むのは

オススメしません。

 

 

理由は2つです。

 

 

「人工甘味料が使われているから」と

「0kcalだからとつい飲み過ぎてしまう」からです。

 

 

人工甘味料が使われているから

人工甘味料は自然には存在しない甘味料です。

 

 

砂糖よりもずっと強い甘み成分があります。

 

 

人工甘味料の安全性と危険性の両方の意見が

ネット上に溢れていますが、どちらにしても

医学的根拠が足りないのが現状です。

 

 

現状で言えるのは、人工甘味料は強い甘みを

感じられますが、脳のエネルギー源は糖分で

あって、甘みではないので、脳が糖分が

足りないと感じてしまい、さらに甘いものが

欲しくなってしまうと言われています。

 

 

人工甘味料はすぐには健康被害を及ぼすこと

はないですが、将来的には、例えば子孫に

影響がないとは言い切れないのです。

 

 

0kcalだからとつい飲み過ぎてしまう

0kcal と表示してあっても

0kcal ではないと先ほど述べました。

 

 

つい油断してしまって、飲み過ぎてしまうのです。

スポンサーリンク

 

 

コカコーラゼロを毎日飲んだらどうなる?

コカ・コーラ

 

コカ・コーラのカロリーは100ml あたり

45kcalであると上記で書きました。

 

 

コカ・コーラが好きな方は100ml では

満足できないと思います。

 

 

毎日飲みたいほど好きな方も多いと思います。

 

 

コカ・コーラを毎日飲むと他の飲み物では

満足しなくなってしまいます。

 

 

タレントの南明奈のコーラ好きは有名で、

お茶を飲みながらのトーク番組でも

お茶が飲めなかったり、お寿司屋さんでも

コーラを飲んでいたなんて話もあります。

 

 

南明奈はタレントですので、テレビ向けに

多少盛っていることはあるかもしれませんが、

コーラばかり飲んでいるとどこでも、

いつでもコーラ!な状態になりやすいと言えます。

 

 

コカ・コーラでもそんな状態になりやすい

のですから、人工甘味料の使われている

コカコーラゼロは、なおさらです。

 

 

中には人工甘味料そのものが依存しやすい

性質があると言う人もいます。

 

 

コカ・コーラとコカコーラゼロは好みで

選んでいいですが、毎日飲まない、

大量に飲まないことが鉄則です。

 

 

「コカ・コーラをたまに飲む」のが良いと思われます。

 

 

例えば、汗をかいた後などです。

 

 

コカ・コーラはのどごしが良く、

爽快感があるので、すっきりしますね。

スポンサーリンク

 

 

まとめ

コカ・コーラ

 

コカコーラゼロは0kcal と表示してありますが、

5kcal 以下は0kcal と表示して良いことに

なっているからなので、実際に微量の

カロリーがあります。

 

 

コカコーラゼロの甘みは人工甘味料です。

 

 

人工甘味料の安全性と危険性の両方の意見が

ありますが、どちらも医学的根拠が不足して

います。

 

 

今言えることは、脳のエネルギー源には

ならないこと、将来的に影響がないとは

言い切れないことです。

 

 

毎日、コカ・コーラやコカコーラゼロを

飲んでいると他のものが飲めなくなって

しまいますので、たまに飲むようにします。