美味しいチーズは太る?太らない?その答えが明らかに!嬉しい解決策も!

記事上

スポンサードリンク





チーズと言えば、ピザ、グラタン、赤ワインと

つい連想してしまいます。

ところで、このチーズのカロリーはどの位が

ご存知ですか?

ダイエット中の人は、チーズはダイエットの敵だ

というイメージで見ていませんか?

そこで、チーズのカロリーについてお話しします。

そして、チーズにはどのような栄養素が含まれている

かも紹介しましょう。

ダイエット中の人にとってはカロリー面で問題のある

チーズですが、実は栄養面では優れた食品である

ことが分かります。

そこで、どのようなチーズの食べ方が体に良いかを

お話ししましょう。

おしゃれに見えるチーズと赤ワインの組み合わせが、

実はアルコール摂取に際しての予防効果があるのです。

これらのチーズに関するお話しから、チーズを食べると

太ると悩んでいる人はその答えを見つけ出すことができると

思います。

チーズのカロリーと栄養素

スポンサードリンク

色々な種類のチーズ、そのまま食べたりお料理に

合わせたりと様々な味を楽しむことができます。

ですが、気になるのがカロリーですね。

そもそも、チーズはカロリーが高いのでしょうか。

チーズの種類によってカロリーは異なりますが、

総体的に見てチーズのカロリーは高いです。

1番カロリーが高いのはパルメザンチーズで、

1番低いのがカッテージチーズです。

しかも、チーズの種類によってカルシウムの

含有量に大きな差があります。

例えば、パルメザンチーズは1300ミリグラム、

クリームチーズは70ミリグラムと大きな違いが

あります。

そこで、ダイエット中の人はチーズを食べない

ようにする人が多いと思いますが、チーズには

栄養素がバランスよく含まれているので適切な

量を食べることでダイエットで不足がちな栄養素を

補うことができる面もあります。

しかも、腹持ちが良いので空腹感を抑えてくれる

のでダイエットにはおすすめです。

代表的なチーズであるナチュラルチーズには、

タンパク質、脂肪、カルシウム、ビタミンが

含まれています。

特に、チーズに含まれるビタミンB2は血中の

コレステロールを下げて内臓脂肪を減らす効果

があります。

チーズの食べ方

残念なことに、チーズにはビタミンCと食物繊維が

含まれていないので、果物類と一緒に食べることで

栄養のバランスがとれます。

さらに、チーズは赤ワインと好んで食べられる

ように、アルコールとの相性がとても良いのです。

実は、ワインと一緒にチーズを食べることで乳酸菌や

酵素が消化を促し、チーズの脂肪が胃の粘膜を

保護しアルコールの吸収を抑えてくれるのです。

また、チーズは発酵食品なので栄養素を無理する



スポンサードリンク


ことなく吸収することができるという優れた食品

でもあります。

そこで、チーズのおすすめの食べ方はチーズフォンデュ

です。

フランスパン、ジャガイモ、ブロッコリーを

準備して、チーズフォンデュでいただきましょう。

栄養面でも優れた食品であるチーズですが、

やはりカロリーも塩分も高いので食べ過ぎる

ことなく適量でとどめるように心がけましょう。

まとめ

チーズはチーズの種類によってカロリー数は

異なりますが、一般的にカロリーは高い食品

と言えます。

ですが、チーズにはカルシウム、ビタミン、

タンパク質などの栄養素がしっかりと含まれて

いるのでダイエット中の人にはおすすめの

食品でもあります。

さらに、チーズに含まれているビタミンB2には

血中のコレステロールを下げる効力があります。

ですが、チーズにはビタミンCや食物繊維が

含まれていないので他の食品と合わせて食べることを

おすすめします。

また、チーズは赤ワインとの相性が良い食品なのです。

上手にお料理と組み合わせることによって必要な

栄養素をバランスよく摂ることができます。

但し、カロリーと塩分が高い食品であることを

常に意識する必要があります。

チーズ、美味しいのでついつい食べ過ぎてしまう

ことがあるので注意したいですね。