夜食のチーズは太る?太らない?ダイエット中は栄養面で食べるべき理由が!

記事上

スポンサードリンク





夜更かししている時など、眠ろうとしても空腹で

眠れないという経験をした人は多いと思います。

そんな時に、冷蔵庫の中に一口サイズのチーズがあれば

「ちょっと気を紛らわすために・・・」

「チーズくらいなら・・・」

とついつい食べてしまいますよね。

でも、そんな時にふっと頭をよぎるのは

「食べたら太るんじゃないか?」ということ。

そこで、この記事では、

夜寝る前にチーズを食べるとどうなるか?

栄養的にダイエット中食べるのはどうなのか?

についてお話しします。

はじめに結論から言いますと、

ストレスを貯めてまで我慢するなら

食べ過ぎない程度にチーズを食べてしまった方がいい

かもしれません・・・

目次

タイミングは重要!夜中に食べるとやっぱり太る?

スポンサードリンク

まずチーズだけじゃなく、夜中に何か食べると

太るのか?太らないのか?という問題ですが

夜20:00以降には食べ物を口にするのは肥満の

リスクが高まるので止めた方が良いです。

消化されなかったエネルギーは体内に蓄積され

脂肪に変わりやすいからです。

特に、高タンパク質な食品や脂肪分が多い食品は

消化に時間がかかり、睡眠を妨げるので、

寝る前に食べるのは控えることをオススメします。

夜中に食べることの睡眠への影響とダイエットへの影響

ダイエットを効果的に行うために睡眠はとても大事

というのはあまり知られていませんが、

食べ物が胃の中に残ると眠りが浅くなるため

夜食はダイエットの面で非常にマイナスなのです。

なぜなら、睡眠不足だとホルモンバランスが乱れ、

満腹を感じにくくなり、同時に食欲が増進するため、

太りやすくなってしまうからです。

ただ、眠れないほどの空腹となると

次の日の仕事や勉強に響く可能性もありますし、

ストレスホルモンが沢山分泌されると

眠りが浅くなり、肥満のリスクも高くなってしまいます

眠れないほど強くストレスを感じてしまうくらいであれば

次の日や週末などで食べる量のバランスを取るようにして、

とりあえず少し食べてしまう方が良いかもしれませんね。

それでもやっぱり消化のことを考えれば

なるべく3時間前までに済ませてしまうのが良いでしょう。

一番のオススメはお腹が空く前に寝てしまうこと

とは言っても、なるべく夜中に消化が必要なものを

食べない方がダイエットには良いので、

夜中にお腹が空く前に眠ってしまうのが一番です。

寝る前に、お腹がすかないようにするには、

昼食と夕食の間隔を短くし、

夕食後4時間から5時間で空腹を感じるため

できるだけそれまでに寝てしまうことです。

また激しい運動は空腹を感じやすいので、

夕食後に激しい運動はなるべく控えた方が良いです。

何よりも、規則正しい食生活をすることで

ホルモンバランスが整い、

夜中に空腹を感じにくくなります。

人の体は体内時計によって、活動と休憩を繰り返していて、

活動時に食べると脂肪を消費しやすく、

休憩時に食べると脂肪を蓄えやすくなります。

消化

生活サイクル

ホルモンバランス

それらの点から考えて、

就寝前には食べない方が良い

という理由がよく分かります。

でもどうせ寝る前に食べるならチーズを食べよう!

「いや!ど~~~してもたべたい!」

「何か食べなきゃ眠れる気がしない!」

もしもそれくらい追い込まれてしまった場合、

どうせ何か食べるならチーズをおすすめします。

栄養的な理由は下の方でお話をしますが、

チーズは比較的脂肪になりにくく、

必要な栄養をしっかり補ってくれる

体に優しい食べ物だからです。

なので、どうせ食べるのであれば、糖質や脂質

ばかりで栄養が全然摂れないお菓子なんかより、

多少脂肪になったとしても

同時に栄養も摂れるチーズが良いでしょう。

まずは比較的太りにくいチーズを選ぶべき?なの?

でも、同じチーズを食べるのであれば

できるだけ太りにくいチーズを選ぼう!

というのは良い考えだと思います。

そこでチーズの中で100gあたり

一番カロリーが低い種類は何かと調べると、

『カッテージチーズ』だというのがわかります。

このカッテージチーズというのは、

普通のチーズが100gあたり300~400kcalなのに対し

カッテージチーズは100kcal程度しかない

とっても低カロリーなチーズなのですが・・・

ただ・・・ねぇ・・・このカッテージチーズ・・・

食べ慣れてない方の場合、

単品で食べても全然美味しくないです。

チーズが好きなら食べても良いかもしれませんが、

基本的にカッテージチーズは野菜やパンと一緒に食べます。

てことは?

それらも一緒に食べることになってしまう

ということですし、そうなると・・・

結局大量に食べてしまうことになりますし・・・

何よりそこまで手間ひまかけて食べる意味あるのか?

あなたは手軽に夜食が食べたいから夜食について調べ

夜食に食べるチーズについて調べ、

この記事にたどり着いたんじゃないのか?

という話ですよね^^;

ですので、ちょっと小腹を満たすためだけに

チーズを選んだのであれば、そんなにカロリー

なんて気にせず、市販のチーズをパクっと一口

食べることをオススメします。

比較的食べやすくて低カロリーな市販のチーズ

で、手軽に手に入って手軽に食べられて

それなりの満足感としっかりとした栄養が手に入るのは

どのチーズなのか?ということで、

4つほどピックアップしてみました。

ダイエットにオススメのチーズ①:さけるチーズ

キュムキュムした食感が癖になるさけるチーズ。

噛むことによって満腹感を感じられるのが良い。

スティック状になっていて食べやすく、

小分けになっているので食べすぎないのも良い。

1本(25g)あたりのカロリーが80kcalというのも丁度いいし

・プレーン・バター醤油・スモーク・ローストガーリック・ベーコンと

手軽に味のバリエーションが楽しめるものとても良い。

手軽に食べられて満足感を得られる

オススメのチーズです。

ダイエットにオススメのチーズ②:ベビーチーズ

QBBの方かな~?

いや~今日はあえて雪印の方か?

という選ぶ楽しみがあるとかないとか。

ちなみにQBBの方は1個あたり(15g)で50kcal

雪印の方は1個あたり(12g)で39kcal

となっております。

QBBの味のバリエーションは

・プレーン・スモーク・アーモンド入り・カマンベール入り

・ブラックペッパー入り・モッツァレラ・クリームチーズ入り

・鉄分たくさんのやつ・カルシウムたくさんのやつ

・贅沢アーモンド・ゴルゴンゾーラ入り

雪印の味のバリエーションは

・プレーン・わさび・アーモンド入り・カマンベール入り

・毎日骨太・うまみ

というのがあります。

目を引くのはQBBの味のバリエーションの多さ

ダイエットの敵である飽きに対応するには

味のバリエーションが一番です!

選ぶ楽しみがあるのが素晴らしい!

ダイエットにオススメのチーズ③:6Pチーズ


雪印、明治、小岩井など、この形のチーズは

色んな会社から出されていて、誰もが一度は

口にしたことがあるのではないでしょうか?

プレーンタイプで1個(18g)あたり59kcal

味のバリエーションはモッツァレラやカマンベールくらいで

そんなに沢山ありませんが、1個が大きいので

1個食べたら結構ガッツリ来てくれます。

ダイエットにオススメのチーズ④:とろけるチーズ


チーズ単品にちょっと食べ飽きたときに

熱々にして食べるのも結構いけます。

味のバリエーションではなく、

温度のバリエーションでチーズを楽しみましょう。

1枚で18gと以外に量が多く1枚で60kcalなので、

食べ過ぎには注意しましょう。

それにしても、市販のチーズって

3gあたり大体10kcalなんですねー。

マツコの知らない世界でおすすめされてた食べ方

チーズがレンジだけでパリパリに

1.クッキングシートの上にとろけるスライスチーズをのせ

2.電子レンジで600Wなら2分チンしたら完成。

とろけるチーズをレンジでチンすると

カリッカリになって美味しいそうです。

ただし、「ケチャップつけてー」など

トッピングはやめましょうね^^

焼き6Pチーズ

また、6Pチーズをフライパンで焼くと

表面はカリッとしていて、中はチーズが溶けてトロッとした

カリトロチーズが楽しめるそうです。

作り方は簡単で、

1.6Pチーズの両面に焦げ目がつくまで1分ほど焼いていきます。

焼いてもくっつかないテフロン加工のフライパンなどがオススメ。
上手にできない場合は、クッキングシートを敷くと上手くいきやすい。

2.その上に醬油をさっとかけたら完成。

醤油の香ばしさとチーズのまろやかさが抜群の相性!

チーズに海苔を巻いて磯辺焼き風にしてもおいしいそうです。

上手に焼くコツ

①チーズはしっかりと冷やしておくこと

②フライパンを十分に予熱すること

③火加減は最初は中火、とちゅうから弱火

④しっかり焦げ目を付けてから慎重にひっくり返す

⑤両面に焦げ目がついてから醤油をかける

だそうです。

チーズは栄養面でもダイエットの味方だった!

もう一度いいますが、夜中に食べるのは



スポンサードリンク


なるべく避けたほうが良いです。

でももしもどうしても食べるというのであれば、

チーズはオススメの食品です。

確かにチーズは種類によってはカロリーがかなり高い

食品ですが、チーズに含まれるタンパク質は

満腹中枢を刺激して空腹を抑えるので

種類を気にして少し食べるのはオススメの方法です。

チーズで太ったって聞いたけど、やっぱり毎日食べると太る?

チーズを食べすぎて太ったという話を時々耳にしますが、

毎日食べても食べ過ぎなければ大丈夫です。

何でもそうですけどね^^

チーズは量もカロリーもちょうどいい


チーズのカロリーは雪印メグミルクの6Pチーズ

(スーパーでよく見かける丸いやつ)で

1個18gあたり59kcal。1箱6個で354kcalです。

山崎の高級つぶあんで1個378kcal

薄皮ミニパンの方で1個130kcalですから、

チーズ1個のカロリーはそこまで高くありません。

パンやお菓子だと途中でなかなかやめられないですし、

少し食べる程度であればチーズはちょうどいい量ですね。

チーズは血糖値を急激に上げない低GI食品

最近では太る原因はカロリーではなく糖質だ!

なんていう話もよくされていて、コンビニなどで

低糖質(低GI)食品というのが増えていますよね?

糖質をとると血糖値が上がり、

血糖値を下げるため、すい臓からインスリンが分泌され、

血液中のブドウ糖の一部をグリコーゲンに変えて肝臓や筋肉で蓄え、

余ったブドウ糖が体脂肪として脂肪細胞に蓄えられる。

だから糖質が太る原因だよ!

0カロリーゼリー等でも人工甘味料の影響で

インスリンが分泌されるから太るよ!

なんていう話もあるわけですが、

なんとチーズは血糖値が上がりにくい

低GI食品でもあるのです!

カロリーの面でも糖質の面でも

ダイエットに優しい食品といえます。

チーズに含まれる栄養はダイエットの味方

また、カロリーや糖質だけではなく

栄養の面でもチーズはおすすめです。

チーズに含まれる脂肪酸は体に蓄積されにくい

脂肪には、短鎖脂肪酸、中鎖脂肪酸、長鎖脂肪酸という

3つの脂肪酸に分けられますが、

チーズにはダイエットに効果的な短鎖脂肪酸と

中鎖脂肪酸の2つが多く含まれています。

ちなみに「短鎖脂肪酸」は腸内環境を整え

大腸の粘膜を刺激してぜん動運動を促してくれる

働きもあるためお通じにも効果的

腸内フローラの状態を良くして善玉菌を増やし、

悪玉菌を減らしてくれるそうです。

また「中鎖脂肪酸」は最近ココナッツオイルや

ダイエット関連商品で話題になっており、

一般的な油よりも4~5倍も速く分解され、短時間で

エネルギーになるためダイエットに効果的な脂肪酸だそうです。

チーズに含まれるビタミンは代謝をよくしてくれる

チーズにはビタミンB2がたくさん含まれており、

このビタミンB2は脂質や糖質を効果的に

エネルギーに変えてくれる働きがあるため、

ダイエット中はぜひ摂取したい栄養素です。

そんなビタミンB2ですが、残念ながら

体内に貯めておくことができませんので、

手軽に食べられるチーズに含まれているのは

とても嬉しいですね!

またビタミンB2には肌や粘膜の調子を整える働きがあり、

別名「美容ビタミン」とも呼ばれているため

ダイエット中でなくても積極的に摂りたい栄養素でもあります。

ビタミンB2以外にも、ビタミンB群は体脂肪の代謝を

サポートしてくれる働きがあり、

ビタミンAは肌や粘膜の調子を整えてくれる働きがある

と言われていますが、それらも豊富です。

ダイエット中はビタミン不足から肌荒れも起こりやすいため

それらを効率よく補えるのはとても嬉しいですね!

チーズに含まれるタンパク質は太りにくい体質づくりをサポート

ダイエットをするための近道は

基礎代謝を上げることですが、

基礎代謝を上げるために必要なことは

筋肉量を増やすことです。

逆に下手なダイエットをする人は

単純に断食をして栄養をカットしてしまうため、

筋肉が衰えて基礎代謝が下がってしまい、

リバウンドしやすい体質になってしまいます。

チーズに含まれるタンパク質には

筋肉量を増やために効果的なBCAAが

牛肉や卵の4倍以上も含まれていて、

基礎代謝を上げる手助けをしてくれます。

筋トレをしていない人でも日々筋肉は使っていますし、

タンパク質を摂らなければ筋肉が衰え、

太りやすい体質になってしまうため、

自分には関係ないと思わず積極的に摂りたい栄養素です。

チーズに含まれるカルシウムは脂肪の吸収を抑えてくれる

またチーズには良質なタンパク質だけではなく

良質なカルシウムも豊富に含まれています。

カルシウムには脂肪を体に蓄えるのを

防いでくれる効果があるという話もあり、

これもダイエット中に是非摂りたい栄養素です。

まとめ

ダイエット中の夜中にお腹が空くと辛いですよね。

就寝前はなるべく食べるのを控えた方が良いので、

食べずに我慢できるなら寝てしまったほうが良いですが、

もしどうしても食べるのなら、チーズはオススメです!

でもなるべく3時間前までにして、

食べすぎないように注意しましょうね!