ダイエットが楽しくなるトレーニングメニュー!運動を日常に!

記事上

スポンサードリンク





多くのぽちゃっとした女性が、悩んだことのある悩み。

それはお肉や脂肪たっぷりの体について!

美や健康のためにダイエットは中々大変ですよね!

痩せたい理由は、似たような人もいれば違う人もいて

本当に人それぞれだと思います。

周りが痩せている、体型について言われた、などなど

目的が違っても、目指すものはみんな一緒!スリムな体!

でも、体質や環境や性格で何が効果的なのかは人それぞれ。

1度目でダイエットに成功した人もいれば、何回も何回も

チャレンジしているのに上手くいっていない人もいる

のではないでしょうか?

厳しい運動や制限なんてもう嫌!私は楽しく痩せたい!

ならば、ちょっとお手軽な感覚で運動をしていき綺麗な

美しいスリムボディを手にしましょう。

理解して痩せる!ダイエットに適切な運動は有酸素?無酸素?

スポンサードリンク

運動には2種類あり、酸素が必要か不要かで分かれます。

まず、有酸素運動とは20分以上続ける必要がある代わり、

筋肉にはほとんど大きな力がかからない運動です。

筋肉に弱い力が長時間かかると、体脂肪をエネルギーとして

使います。

この時に必要になるのが酸素です。

次に、無酸素運動とは、有酸素運動とは違い瞬間的に強い力を

使うため長時間はできない運動です。

この時は、体脂肪は使わずに筋肉の中に貯めておいた糖質を

主にエネルギーとして使います。

有酸素運動で代表的なのはウォーキングやジョギング。

無酸素運動で代表的なのは筋トレや短距離走

ダイエットには、どちらも重要です。

また体脂肪を落として痩せる場合、有酸素運動は

20分以上を目安に行うことがポイントになります。

20分以上をすすめる理由は、運動に使われる

脂肪の場所が違うからです。

20分まで使われているのは、血中に蓄えている脂肪

血液をサラサラにするためには十分ですが内臓脂肪や

皮下脂肪と関係のないため痩せません。

20分後に使われる脂肪が、内臓脂肪や皮下脂肪です。

血液中の脂肪分をある程度使うとこの2つの脂肪が

使われるようになります。

また、有酸素運動でも、息苦しくなるほど激しい運動は

無酸素運動に変わってしまいます。

そうなると、体脂肪は燃えてくれません。

1日1時間のダイエットをする場合におすすめなのは、



スポンサードリンク


有酸素運動の前後に、10分間ストレッチと筋トレをし、

40分間の有酸素運動がおススメです。

ダイエットは激しい運動だけじゃない!運動嫌いさん向きなヨガ痩せ!

ダイエット メニュー 運動

有酸素運動と無酸素運動について説明してきましたが、

ランニングや水泳など激しい運動を20分以上するなんて嫌だ!

もっと楽をして運動したい!という方もいると思います。

実は、ゆっくりとした動きのイメージがあるヨガも

有酸素運動の一種なのです!

体の負担も少なく、腹式呼吸を行うのでリラックスする

効果も得ることができます。

また、全身を使っていることや慣れてくると体が柔らかく

なることもメリットになると思いますよ!

他にも体が柔らかくなると、悪かった血流もよくなるので

肩こりや頭痛に悩んでいる人にもおすすめなのです。

天気に左右されることもなく、自宅でも時間を気にしないで

好きなタイミングで簡単にできるので運動が嫌いな人でも

長続きしますよ!

■まとめ

ダイエット メニュー 運動 (2)

この記事では有酸素運動・無酸素運動についての説明と

激しい運動が苦手な人に向けてヨガをおススメしましたが、

これを機に無理のないダイエットを楽しんでみませんか?

過剰なダイエットは体に毒ですが、健康的なダイエットは

痩せるだけではなく、様々なメリットを体に与えてくれます。

女性の体につきやすい脂肪は、皮下脂肪なので、

内臓脂肪よりも後に、消費されていくものなので、

落とすのが大変ですがコツコツと頑張って落として

ダイエットを成功させていきましょう!