なんとたったの●週間!お腹の脂肪を落とすのに必要な期間とは?

記事上

スポンサードリンク





鏡の前でふとお腹に目が行って違和感が…

あれ?こんなにお肉ついてたかな…

頑張って痩せようとダイエットをしたものの全然成果は

出なくてモチベーションは下がっていく一方。

こんなに頑張っているのに何で痩せないのかな?

検索履歴にはたくさんのダイエットに関係のある単語が

並んでいくのに…

正しいダイエットがしたくても全然わからなくて困った。

誰か正しい痩せ方を教えてほしい!

脂肪は一体いつになったら落ちるの?

男性と女性では、体につきやすい脂肪が違うって知っていましたか?

実は、女性の体につきやすいのは皮下脂肪、

男性につきやすいのは内臓脂肪なのです!

体の守らなければいけない部分や、筋肉の量で痩せ方は

変わってきます。

皮下脂肪より内臓脂肪の方が落ちるのが早く

目安だと12週間で変化が見えてきます。

ネットや本で調べようとしても、

ダイエットの本で多いのは女性向け…

男性でダイエットをしようとしても中々、正しい情報は

見つからないですよね?

今ここで、正しい痩せ方を理解して、憎いお腹の脂肪

しっかり落としてしまいましょう!

お腹だけじゃないですよ?脂肪は全身にある!効率的に痩せる方法!

スポンサードリンク

ところで気になる脂肪は、本当にお腹だけですか?

実はお腹だけじゃないですよね…?

確かに、男性は皮下脂肪より内臓脂肪の方が付きやすく

お腹まわりの方が気になるかもしれません。

ベルトを締める時、こんなにきつかったかな?とか

こんなポッコリしていたのかなと思ってお腹周りばかりを

気にしてしまいますがきちんと見てみてください。

脂肪は全身にあります!見た目では気にならない程度で、

もしかしたら気が付いていないだけかもしれませんが、

脂肪は全身についているのです。

せっかく行うダイエットなので、お腹周り以外の脂肪も

効率的に退治してしまいましょう!

全身の脂肪を落とすのに1番効果的なのは、やはり運動です。

有酸素運動と無酸素運動を上手く組み合わせて、

脂肪を燃焼させましょう!

男性の体は、筋肉が太くなりやすいので、脂肪の燃焼に必要な

基礎代謝も上げやすいです。

無酸素運動で痩せやすい体を作りながら、有酸素運動で

脂肪を燃やしていきましょう。

注意点は、有酸素運動は最低でも20分行う必要があり、

運動の種類によっては消費カロリーが異なります。

短期間で体を引き締めるために効果的な運動は水泳です。

泳ぐのが苦手な人は、水の中を歩くだけでも十分効果が期待でき、

水中なので関節にかかる負担も軽減できます。

全身を使う有酸素運動を20分以上行い全身の脂肪を、



スポンサードリンク


効率的に落としましょう!

食事を制限しているのに、お腹の脂肪が減らない…原因は○○かも!?

腹 脂肪 落とす 期間

ダイエットで有名な方法は、運動ともう1つ、

食事制限があります。

ですが、食べるのを我慢して制限しているのに

全然お腹の脂肪は減りませんよね?

食事制限も正しく行わなければ脂肪は落ちません。

それどころか、痩せるために必要な筋肉を落とすのです。

つまり、食事制限をしているのに脂肪が減らない原因は、

過度な制限です!

必要なカロリーはきちんと摂取しつつ、摂り過ぎの糖や脂肪だけを

制限するように心がけましょう。

どんな食事が理想なのかというと、まず思いつくのは、和食です。

理由は、野菜が豊富で、肉の中でも赤みが使われていたり、

魚類を使用しているので、タンパク質もレパートリーに

よってはたくさん摂取できるのです。

まとめ

腹 脂肪 落とす 期間 (2)

お腹の脂肪を落とすためには体のことを理解することが、

1番の近道です。

間違った方法で無理をして、正しい痩せ方をしなければ、

中々痩せないだけではなく、健康にも悪影響が有ります。

1番早く健康で効率的に痩せるためには適切な量の栄養と

燃焼に必要な筋肉と運動です。

因みに睡眠も不足すると痩せるために必要なエネルギーが

作れなくなってしまいます。

正しいダイエットのために、規則正しい生活を送りましょう!