犬用湯たんぽは低温やけどに気を付けよう!最適な温度は何度?

記事上

スポンサーリンク




寒さが厳しくなると、

小さなトイプードルなどはお家の中でも

寒いと震えています。

そんな時は電源いらずの

犬用湯たんぽを使ってあげると、

暖かく過ごす事ができます。

でも湯たんぽの使い方を間違ってしまうと、

低温火傷をさせてしまう危険があるので、

ここでしっかりと大事なトイプードルを

寒さから守るためのお勉強しておきましょう!

犬用湯たんぽって何度がちょうどいい温度なの?ペットボトルでもOK?本当に?

スポンサードリンク

犬用の湯たんぽを作ってあげる時は

80度から100度ぐらいの人間の湯たんぽと

同じお湯加減で大丈夫です。

ただ問題は湯たんぽが温かいので、

ずっとくっついていて低温火傷をすること。

必ず湯たんぽカバーをしてあげ

(ここまでは人間と同じで大丈夫)

その上からバスタオルなどを巻いてあげて、

絶対に直接湯たんぽに皮膚が当たらないように

してあげる事が必要です。

ただ子犬だとどうしても、

タオルに興味を持ったり

湯たんぽカバーを外したりと

湯たんぽの役割を果たさない場合もあります。

飼い主の役割としては、

絶対にカバーが外れないようにする工夫を

考えなくてはいけません。

バスタオルをただ巻いただけでは必ず外されてしまいます。

バスタオルを袋状に縫って巾着のようにして

紐は中に押し込んで、なかなか外れない事を

覚えさせるしかありません。

最初は興味を持っていても、外れない事が分かり、

温かいものだと覚えたら、おとなしく湯たんぽの

そばに寝るはずですよ。

それとペットボトルを湯たんぽ代わり使おうと

考えるのはやめた方がよいです。

ペットボトルは思ったほど強度はありません。

やっぱりおもちゃと勘違いして噛みついて

中のお湯が漏れ出す事もあり、

それこそ大惨事になってしまいます。

しかも湯たんぽと違ってすぐに冷めてしまうので、

冷たい水を抱えたまま寝る状態になってしまいます。

湯たんぽの用意がなく突然寒くなった日は、

1日限定で使いましょう。

ホット専用のペットボトルに

60度ぐらいのお湯を入れ、

厚手の靴下などでペットボトルを覆い、

寝床の隅に置いてあげてください。

あくまで緊急時だけなのでペットボトルで

湯たんぽを作る時は、目を離さないように

してあげた方がトイプードルのためです。

ところで、犬が寒いと感じる温度って何度?湯たんぽ以外の寒さ対策グッズってないの?

犬 湯たんぽ 低温やけど

犬が快適だと思う温度は18度から22度くらいです。

さすがに5度を以下だと、人間も震えてしまう寒さですが

犬も寒くてたまりません。

では「寒いから湯たんぽでも…」

と用意しても結局湯たんぽをおもちゃと勘違いして

全く役立たずの場合は、

他の方法を考えなくてはいけません。

そんな時は床暖房や人間用のホットカーペットなどを

かなり低めの温度でつけてあげると良いです。

寒ければ温かい場所に寝て、

暑くなったら自分でクールダウンできる場所に

勝手に移動してくれるので楽ですよ。

ただしホットカーペットを使う場合は

必ずカーペットの上に防水シートなど

防水性の高いものをひいてください。

粗相をした時でも、

直接ホットカーペットまで染みないので

安全です。

エアコンで部屋全体を暖めてあげるのもいいのですが、

床が冷たいとやっぱり寒く感じるのは人間と同じです。

下から温めてあげる事を考えましょう。

気密性の高いマンションなどでは、

昼間のちょっとの外出ぐらいなら

床暖房をつけなくても大丈夫です!

人間用の厚手の毛布をきちんとたたまず、

ふわっと置いてあげておくと、

上手に毛布の中に入っていますよ。

まとめ

犬用湯たんぽ

トイプードルなどの小型室内犬は人間が

思っている以上に寒がりです。

自前の毛皮が全身に生えているからと言って

毛布とは違うのです。

やっぱりきちんと可愛いトイプードルが快適に

暮らせるように工夫が必要なのです。