臭いもヌメリも大嫌い!水回り掃除が苦手な人にはこの商品!

記事上

スポンサードリンク





水回りの掃除、皆さんはどの程度の頻度で行っていますか?

放っておくと悪臭の原因にもなりますので

水回りの掃除はマメにした方がいいと思います。

風水でも水回りは大事な場所だとよく言いますよね。

しかし、

いかんせん面倒臭いんですよね、これが。

特に台所はさまざまな食品を扱い、

洗剤や水を使って食器を洗うので

いろいろな汚れがたまりやすい場所です。

悪臭やヌメリも発生しやすいので、

できれば常にきれいな状態を保ちたいものです。

今回は簡単に水回りをきれいにできる便利グッズを、

汚れの正体をお伝えしながら

ご紹介したいと思います。

台所のシンクの汚れの正体とは?

スポンサードリンク

台所のシンク内についている汚れは、水垢と石鹸カス、

ステンレスのさびです。

水垢は、水に含まれるミネラルと、

食品に含まれるカルシウム成分が結合して固まったものです。

石鹸カスは、食器用洗剤と水のミネラル分が混ざって

蓄積した白い汚れです。

水垢と見た目は似ていますが、水垢はアルカリ性、

石鹸カスは酸性の成分が多く含まれているので

性質はかなり違います。

ステンレスのさびについてですが、

ステンレスはさびにくいため、

よく台所のシンクに使われています。

しかし、さびにくいというだけで

決してさびないというわけではありません。

さびやすい金属の鍋や缶詰などを

長時間シンクに置いたままにしてしまうと

シンクにそのさびが移ってしまうことがあります。

またシンクをきれいにする上で

排水口の掃除は外せませんが

排水口によく発生する黒いヌルヌルした汚れは

カビもしくは雑菌です。

放置された油汚れや食品の残りなどに水分が加わって、

カビや雑菌が繁殖するとヌメリが発生します。

これが酷くなると排水管が詰まってしまったり、

悪臭が発生したりします。

台所の水回りにはコレ!掃除がラクラクできちゃうおすすめの一品

水回り ヌメリ

台所の水回りにオススメなのが「重曹」です。

もはや重曹はお掃除グッズの定番となりました。

重曹を粉のままシンクに振りまき、

しばらくしたらスポンジでこすって

洗い流しましょう。

排水口の掃除も同じように

重曹を振りかけてもらえばOKですが、

さらに効果を得たい場合には、

重曹をまいた後さらにお酢を振りかけてみてください。

シュワシュワと泡立ってくるので

そのまま30分ほど放置し、

最後に洗い流せばヌメリも取れてきれいになっていますよ。

重曹は殺菌効果や消臭効果があるので

排水口のヌメリが取れるだけでなく、

消臭も行えて一石二鳥ですね。

ステンレスのさびも重曹を使えば

十分落とすことができます。

1度で落ちない場合は

何回か繰り返し行ってみてください。

食べ物を扱う水回りの掃除には安心なクエン酸もおすすめ!



スポンサードリンク


重曹ともう1つオススメなのがクエン酸です。

クエン酸は、レモンや梅干しなどの食品に多く含まれる

酸性の成分です。

酸性なのでアルカリ性の汚れに効果的です。

水垢はアルカリ性なので、水垢の掃除には重曹より

クエン酸の方がオススメです。

こちらも100円ショップで手に入りますが、

粉末状のものが多いため掃除に使う際は

水に溶かしてスプレー容器に入れて使いましょう。

水100mlに対し、小さじ2分の1程度で十分です。

クエン酸水ができたら、

シンクの水垢が気になる部分に吹きかけ、

スポンジでこするだけで簡単に水垢が落とすことができます。

石鹸カスやステンレスのさびに対しては重曹、

水垢に対してはクエン酸を使うといいですね。

水垢に強いクエン酸は台所のシンクだけでなく

洗面所や浴室の鏡をきれいにしたいときにも使えます。

また前章で、排水口の掃除の際、

重曹とお酢を一緒に使うとより効果的と

お伝えしましたが、

お酢の代わりにクエン酸を使用しても

同様の効果が得られます。

重曹とクエン酸、

この2つを常備しておけば台所のお掃除は完璧ですね。

まとめ

水回り ヌメリ

今回は台所のシンクのお掃除方法として

重曹とクエン酸を使うと効果的ということを

お伝えしました。

重曹とクエン酸は正反対の性質をもっています。

お互いにお互いの苦手なところをカバーでき、

さらに一緒に使えば洗浄力もアップするので

ぜひ2つとも常備しておきたいですね。