汚れたステンレス製のシンクのお掃除は、重曹で解決できますよ!

記事上

スポンサーリンク




日々使うステンレス製のシンク、汚れが気になりますね。

そこで、

ついついクレンザーなどを使って

こすり洗いをしていませんか。

それはステンレスを傷つけるだけなので、

重曹でのお手入れをおすすめします。

重曹を使ってのお手入れは、ステンレスに

ついたお料理による油汚れをすっきりと

落としてくれます。

但し、アルミ製の物に重曹を使うと

黒ずむため注意が必要です。

重曹でのシンクのお手入れ方法は、振りかけて

温かめの水をかけて放置した後に優しくスポンジで

洗うだけと極めて簡単なので、毎日しても

苦痛にはならないので是非ためしてみましょう。

さらに、重曹は、ステンレス製の水筒を

洗ったりお鍋やフライパンについて焦げを

取ることもできるという優れものです。

しかも、肌の弱い人も使えるので頼れる洗剤

として身近においておくと良いですね。

ピカピカのシンクで気持ち良く料理することが

楽しくなり、美味しいお料理を楽しめる

にちがいありません。

重曹でシンク掃除

スポンサードリンク

シンクなどステンレス製のお掃除には、

安全に使える重曹がおすすめですよ。

汚れたステンレスに重曹がどの様に効果を

示すかをお話ししましょう。

まず、重曹はステンレスを傷めません

但し、アルミ素材の製品には重曹を使うと

黒ずんでしまうので使わないようにしましょう。

重曹は弱アルカリ性なので酸性である油汚れの

分解に効果があります。

さらに、重曹は水に解け難いので

こびりついた汚れに振りかけることで

汚れを落としてくれます。

重曹は熱を加えるとアルカリ性を強め泡が出ます。

この特質を利用して、お鍋やフライパンについた

焦げを取り易くしてくれます。

次に、重曹を使っての掃除方法をお話ししましょう。

まず、作業台を含めシンクにまんべんなく

重曹を振りかけます。

重曹が温まる位の温度の水をかけて、

15分ほどそのままにしておきます。

その後、スポンジでシンクを軽くそっとこすります。

汚れが落ちれば、水でしっかりと流して完了です。

ステンレスのシンクを洗う際には、

ステンレスには筋目があるので

その筋目にそってスポンジで

こするようにすれば傷がつきません。

他のお掃除にも

重曹は、他のお掃除にも使えます。

まず、鍋やフライパンについた焦げをとりましょう。

100ミリリットルの水に対して

重曹大さじ1を基本にして、焦げが浸る

ぐらいの重曹水を入れます。

それを火にかけ沸騰すれば火を弱めて、

15分程保温のままで放置します。

その後、火を止めて冷めれば、

いつものように洗います。

重曹水を温めることで、焦げが浮き上がります。

また、シンクの表面にできたさびは重曹で

落とせますがステンレスの深い部分まで

達したさびを取ることはできないことを

知っておいきましょう。

さらに、重曹を使ってステンレス水筒を

洗うことができるので紹介しましょう。

水筒に熱めのお湯を入れて汚れに応じて

小さじ1杯から6杯の重曹を入れます。

そして、水筒を良く振り1時間ほど

そのままにした後に軽くこすり洗いを

して完了です。

ここでの注意点は、ステンレス水筒は

水に長くつけすぎるとさびるので1時間を

限界とすることです。

まとめ

ステンレスのシンクは、重曹で油汚れや

頑固な汚れを落とすことができます。

掃除の仕方は簡単で、シンクに重曹を振りかけて

温かめの水をかけて15分程放置した後

スポンジで優しく洗うだけです。

注意点は、シンクに傷をつけないように

シンクの筋目に沿って優しくこすることです。

さらに、重曹を使ってお鍋の焦げを落とすことも

ステンレス製の水筒を洗うこともできるのです。

焦げを落とすには、鍋に重曹水を入れて

火にかけ沸騰させた後冷めしてから洗います。

ステンレス製の水筒は、水筒に熱めのお湯を入れて

重曹を加えて1時間程つけた後洗います。

ステンレスをさびさせないため「1時間」を守る

必要があります。