卵料理を作り置きしたい!炒り卵の日持ちってどれくらい?冷凍保存できる?

スポンサーリンク

炒り卵ってどんな料理にも使える食材ですが、

毎回毎回作っているのも面倒ですよね。

 

 

たいした手間ではないですが、炒り卵を冷凍できたら

使いたい時に欲しいだけ、取り出せば良いので

大変便利な炒り卵冷凍しちゃいましょう!

 

 

 

卵そぼろは冷凍が正解!?冷蔵保存ではどれくらい日持ちする?

スポンサーリンク

 

鶏そぼろと卵そぼろを一緒にお弁当に入れたら、

簡単なのに立派に見えるそぼろ弁当が作れちゃいます。

 

 

買ってきた物とは違い、家庭で作った卵そぼろなので

キッチンなどの衛生管理が徹底されていません。

 

 

そこがネックで冷蔵保存の場合、作ってから

4日以内までには食べきってしまわないと、

だんだんとカビが生えてきます。

 

 

それならば冷蔵庫に保存するよりも冷凍保存を

した方が安全です。

 

 

冷凍保存であればおよそ1ヶ月程はもつので、

卵そぼろたくさん作っても使い切る事が可能ですね。

 

 

そんな便利な卵そぼろの冷凍保存方法と美味しい作り方

ご紹介していきます!

 

 

フライパンは温めない!

火にかける前にフライパンの中で、卵とお好きな調味料を

よく混ぜ合わせから火をつけてください。

 

 

火をつけたまま卵を投入するとすぐに固まり始めてしまいます。

 

 

これでは求めているホロホロ感が出せません。

 

 

必ず冷えたフライパンに投入してください。

 

 

卵と調味料をよく混ぜ合わせてから、火をつけ

4~5本束ねた箸で円を描くようにクルクルしながら

火を通していくと細かいホロホロ感が作れます。

 

 

ある程度ホロホロしたら火を止めて、

そのまましばらくかき混ぜていくと予熱で

完全に火が通ります。

 

 

冷めたらジッブロックなどに平らになるように入れ

冷凍保存をしましょう。

 

 

これだけで1ヶ月は使いたい時にすぐ使える

卵そぼろの出来上がりです!

 

 

結構簡単に作れるのに冷凍すると1ヶ月もつので、

冷蔵庫に保存してカビさせてしまうよりも経済的です。

 

 

 

溶き卵の日持ちはどれくらい?冷凍保存できる?

いり卵 冷凍

 

溶き卵を保存する時は、やっぱり冷凍する事を

オススメします。

 

 

溶き卵の状態で冷蔵保存してしまうと、あっという間に

サルモネラ菌が繁殖してしまい日持ちせず、

すぐに使い切らなくてはいけません。

 

 

卵を安売りで大量に買ってきて賞味期限が近づいているので

あれば溶き卵にして冷凍してしまいましょう。

 

 

溶き卵を冷凍保存すると2週間は日持ちしてくれます。

 

 

めんどくさいからと、殻を割り溶き卵にしない状態で冷凍して、

そのまま目玉焼きにしようと思っても白身だけが固まり

黄身はパサパサで火の通りも悪く最悪な食感になります。

 

 

必ず溶き卵にして冷凍保存をしてください。

 

 

溶き卵の冷凍方法としては、冷凍保存が可能な密閉容器を

用意して、容器の中に卵を割り入れ、溶き卵にしてください。

 

 

蓋をしてそのまま冷凍庫に入れればいいだけです。

 

 

使う時は自然解凍してオムライスや卵焼きなどにして

使ってしまいましょう。

 

 

注意点は解凍した冷凍溶き卵は生で食べず、

必ず火を通して使うようにしてください。

 

 

解凍に時間はかかりますが何個かまとめて

溶き卵にし冷凍すると、容器も少なく済みますし、

家族分のオムライスなどを作る時にも便利です。

 

 

安売りで大量購入した卵を早く使いきらなくてはと

毎日卵を使っていると家族から

「また卵料理なの~?」

とブーイングの嵐です。

 

 

たったこれだけで2週間も卵の賞味期限が

伸びてくれるなら、慌てて卵を使わなくても

よくなるので家族にも文句は言われませんね。

 

 

 

まとめ

いり卵 日持ち

 

卵料理は冷凍保存が可能だったのです!

 

 

炒り卵であれば約1ヶ月、溶き卵であれば約2週間は

賞味期限を延長できるので、安売りで購入してしまった

卵の使い道に頭を悩ます事もなく、

賞味期限が切れてもったいないけど捨てるはめにもならず、

お得に卵を使い切る事ができますよ!