洗濯機で洗濯したのに小さなゴミが!その対処法とは?

記事上

スポンサーリンク




洗濯物、干すの好きですか?

私は割と好きなのですが、せっかくこれから干そう!という時に

洗濯物に細かいゴミがついていたら、

気持ちが下がってしまいます。

皆さん、同じような経験はありませんか?

ではこの細かいゴミの正体はなんなのか。

そして対処法は?

調べてみましたのでご覧ください。

何度洗濯しても洗濯機の黒いカスがなくならない。その対処法は?

洗濯した後に付く小さいカスは色々あるでしょうが、

今回調べたのは黒いカスの様なもの。

我が家の場合ですと、ゴミ取りフィルターを洗濯機に設置して

あるのですが、それでも付いています。

という事ははじめから服に付着していたり、ポケットに

ゴミを入れっぱなしにしていて、洗濯機の中で

浮遊したという訳ではなさそうです。

ではこの黒いカスの正体は?

答えは、洗濯機のなかの洗濯槽の外側に黒カビや汚れ

が溜まってこびりついたものが剥がれ落ちてきた物なのです。

せっかく綺麗に洗った洗濯物が洗濯機によって

汚れてしまうだなんて残念なことですよね。

我が家の洗濯機の話しですが、決して何の掃除も

していないわけではないのです。

半年に1度は洗濯機クリーナーを使って洗っていました。

それでも黒カスは発生します。

それどころか、若干の匂いも気になります。

こうなったら調べて実践してみますね!

黒カスの対処法

洗濯 ゴミ 対処法

まずは用意するものです。

・酸素系漂白剤

(洗濯機によって使用できない場合もあり)

・ゴミ取りネット

(取っ手が付いていている方が良いです)

・お湯

(50度で洗濯槽が満たされる位)

以上です。

洗濯 ゴミ 対処法

ではまず、50度に温めたお湯を洗濯槽に溜めます。

その時の量は洗濯槽が埋まる位にして下さい。

そこに酸素系漂白剤を入れ10分程洗濯機を回す

洗濯 ゴミ 対処法

その後、5時間~一晩放置して下さい。

洗濯 ゴミ 対処法

その間に、黒カビや汚れが浮いてきていますよ。

放置した後、浮き出た汚れをネットですくいましょう。

これを怠ると、せっかく浮き出た汚れが流し切れずに

洗濯機の中に残ってしまう事になりますのでご用心。

その後は、すすぎと脱水をして下さい。

この間にもたくさんのカスが出てきます。

せっせとネットですくい取って下さいね。

汚れが出なくなったら完了です。

注意すべき点は、お湯の温度です。

40~50度を意識して下さい。

理由はというと酸素系漂白剤の主成分となっている

過炭素ナトリウムの効果を充分に引き出すのがその

温度ということだそうです。

ちなみに私はいつも、水で掃除していました。

掃除しても効果がなかったのはここにあったかも

しれませんね。

それから、素手での作業は危険です。

必ずゴム手袋を着用して下さいね。

ちなみにこの掃除、目安は1ヶ月に1度だそうです。

ぜひお試し下さいね。

洗濯機を回したらホコリが付く場合の対処法は?

洗濯 ホコリ 対処法

では、黒カスではなくホコリが洗濯物に付く

場合の対処法についても調べてみました。

ホコリの発生原因は色々ですが、洗濯槽の汚れや

一緒に洗濯するものによっても起こるのです。

例えば新しいタオルなどは、繊維が出やすいです。

新品のうちは分けて洗う事をおすすめします。

さらに、一度に洗濯する洗濯物の量が多くありませんか?

洗濯物に対して水量が少なければすすいでも

ホコリを取りきれません。

洗濯をする時に洗濯物の量を確認してみて下さい。

しかし、そもそも洗濯機には大体

糸くずフィルターなるものが設置してあります。

そのフィルターを見てみて下さい。

ひょっとしたらゴミが溜まっていませんか?

満杯になっていればこれ以上は取りきれませんので

ぜひ、フィルターの交換やお掃除をして下さい。

それから、あらかじめ衣類にティッシュやゴミを

入れたまま洗濯をしてしまう可能性もありますので

洗濯前に確認して下さいね。

まとめ

洗濯 ゴミ 対処法

洗濯物に付く黒カスやホコリの原因や対処法。

お分かり頂けましたか?

私も実際にやってみて、こんなに汚れてたのか…と

驚きました。

みなさんもぜひ参考にして頂いて綺麗な洗濯機を

維持しましょうね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



関連記事(一部広告含む)


関連記事(一部広告含む)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加