最近流行りのオキシクリーンって色移りする?しない?

記事上

スポンサーリンク

色移りする?しない?と聞かれると答えは

『しない』です。

最近流行りのオキシクリーンは洗濯物の漂白剤として

有名ですが、漂白剤って聞くとどうしても全ての柄が

漂白され落ちてしまって、色移りしそうで心配に

なってしまいます。

でも安心して使ってください。

オキシクリーンは、よくある漂白剤と違って

色柄まで落として綺麗にしてしまうような

塩素系漂白剤とは別の成分『酸素系漂白剤』

なので色移りの心配はありませんよ。

ちなみに塩素系漂白剤をうっかり使ってしまうと

色柄も全て漂白されて、他の洗濯物に色移りして

しまうのでかなりの注意が必要です。

部分的な汚れを落としたい!

そんな時にもオキシクリーンが活躍してくれます。

オキシクリーンは色落ちする?しない?

スポンサーリンク

次にオキシクリーンは『色落ち』するか?しないか?

と聞かれたら答えは『するかしないかは自分次第』

が正解です。

オキシクリーンの成分は過炭酸ナトリウムで、

水やお湯に溶かすと酸素の泡がブクブクしてきて、

この泡が汚れだけにアプローチして

汚れ意外の部分には何の反応も示しません。

なので『オキシクリーンで色落ちはしない』

と言いたいところですが、

実は色落ちをしてしまうものもあるのです。

まずはオキシクリーンを使って洗濯をする前に、

洋服についている洗濯表示をしっかり確認して

ください。

「手洗い」表示がついる洋服は、

洗濯機で洗う事ができないのは知ってますよね。

(洗濯機の手洗いモードを使えばまた別かもしれませんが…)

とにかく洋服の生地が傷むため手洗いをしろ

と言う事は、オキシクリーンなどを使うと

色落ちしたりする可能性があります。

それと「水洗い不可」の表示がある場合、

とてもデリケートな素材でできているため、

オキシクリーンを使ってしまうと、洋服の

生地自体が元の状態に戻らない事も多くあります。

いくらオキシクリーンがシミ抜きなどに特化

していても、洗濯表示を見ないで、なんでも

ぽいぽいと洗濯機に放り込んで洗わないように

してください。

色移りの落とし方は?時間がたったものは手遅れなのか?

色移り 手遅れ

色移りして

「なんか今までと色が違うような気がする…」

と感じている場合、なにか他の洗濯物の色が

洗濯中に移ってしまっている可能性があります。

新品のカラーTシャツでも最初の2、3回は手洗いか

別洗いにしておかないと

Tシャツの色が落ちてしまった!

なんて経験はありますよね。

すぐに気づけば簡単に落とせたかもしれないのに、

色移りしてから時間がたってしまっていたら、

どんなに擦っても落とそうとしても、

なかなか自力では難しくなってしまいます。

元の洋服の状態に完全に復帰するわけでは

ありませんが、ある程度色移りしてしまった

ものを落とす事は可能です。

時間が経った色移りの落とし方

まず一番大切なの事は

色移りしている事に気づいた時点で、

素早く対処してしまってください。

なぜなら洋服などに染み込んでしまった染料は

放置しておくと、繊維の奥まで浸透してしまい、

余計落としにくくなります。

対処法してはオキシクリーンなどの

酵素系漂白剤につけ置き洗いして、

つけ置きが終わったら普通に洗濯を

してください。

ただいつもより少しだけ多めに洗剤を投入すると、

つけ置きだけよりも少しは色移りが改善します。

しかし自分ではどうにもならない場合は、

早めにクリーニング店で相談してみてください。

素人が頑張るよりも、完全にとは言い難いですが、

色移りは薄くなるはずです。

おそらくクリーニング店でも

「完全に落とせるかどうかは分かりません」

と言われる可能性も大いにあります。

まとめ

オキシクリーン 酵素系漂白剤

基本的にオキシクリーンは酵素系漂白剤なので、

食べ物をこぼしの跡や、血液などによく

反応してくれ、汚れを分解して落としてくれます。

軽い色移りならば、早めにオキシクリーンで

つけ置き漂白すると、クリーニングに

出さなくても済むかもしれません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事(一部広告含む)

関連記事(一部広告含む)