主婦の長時間家事労働とは!?

記事上

スポンサーリンク




主婦は、24時間労働の完全な自由時間が

全くない仕事と言えます。

きっと、疲れ切った主婦の方が多いと思います。

しかも、長時間の家事労働の上に育児などを

こなしていかなければいけません。

また、仕事を持っている主婦の人もいるはずです。

長時間家事労働、育児、仕事をこなすとなれば、

かなりのストレスがたまるのは当然のことです。

家族がそれぞれ家事を分担してくれている家で

あれば主婦のストレスと疲れは軽減されるはずです。

そこで、どのようにすれば家事を効率良くこなせるか

をお話ししましょう。

また、その際には日頃の家事作業の無駄を省く方法も

紹介します。

ストレスが溜まったままで家事をこなしても楽しくない

ので、さらにストレスが溜まる原因にもなりますね。

そこで、何よりも大切なことは長時間労働にさらされている

ことを家族に話し、理解してもらうことです。

主婦の労働時間は?

スポンサードリンク

ある調査によると日本人主婦の平均家事時間は1日264分で

世界で1番長いとの結果が出ています。

この長さの原因は、日本人の生真面目さと夫の家事分担が

無いことが挙げられます。

さらに、どのような理由から世界1 長い家事労働時間を

強いられているのでしょうか。

アンケートによると、日本の主婦の55・5パーセントは、

1日3回以上料理を作り、1日3回以上の食器洗いを

こなしているのです。

しかも、お掃除なども手を抜くことなくしっかりと毎日

お掃除をしていればどれほどの時間を家事をすることで

拘束されるかわかりませんね。

その上に、子供の世話、しつけ、学校関係との連絡なども

こなさなければならないとなれば主婦には自由時間が

全く無いと言えます。

また、家事、育児をこなしながらも仕事を

持つ女性たちもいます。

完全な自由時間を持つことができない主婦、仕事を

持ちながら家事をこなす主婦は、ストレスがたまる

ちがいないです。

家事の見直しと改善

そこで、手を抜くとは言いませんが、効率良く家事をこなす

方法を見つけてみませんか。

まず、お料理ですが足りないと困るので多く作り過ぎる

傾向がありませんか。

また、全てのお料理に手間をかけ過ぎていないでしょうか。

お料理について、1度見直してみて楽にできる所がないかを

探してみましょう。

さらに、便利な調理器具を使っていても時間がかかる

ようならば日頃のお料理作りの手順を見直してみます。

便利な調理器具よりも、使い慣れた調理器具の方が

手早くお料理を作ることができる場合もあります。

台所の片づけも、お料理をしながら使った道具などを

洗い片づけながらお料理作りをすることで後の片づけの

時間を減らすことができます。

また、食後の食器片づけの際に使った布巾1枚でコンロ

周りから流しまで毎日掃除をすることで台所掃除を

減らすことができます。

毎日のお掃除が必要な場所は、お風呂場、トイレ、台所、

食堂、居間など家族がよく使う場所です。

お風呂場、トイレなどは、家族がそれぞれ汚れれば片づける

など使用の際に注意するようにしましょう。

家族とよく話し合い、家事の役割分担をすることで

かなり主婦の家事労働は軽減されるはずです。

まとめ

日本の主婦の家事労働時間は、世界1位の長さです。

しかも、多くの日本人主婦が1日3回以上の料理作りと

食器洗いをするというアンケート結果があります。

これに、掃除、育児、学校関係の処理などの仕事が

主婦の仕事に加わります。

このことから、主婦の負担の大きさがよくわかりますね。

そこで、解決策としてお料理作りの過程の見直しや

効率的な掃除の仕方などを考えましょう。

そして、家族ともよく話し合い家族と家事分担をする

ようにしましょう。

そうすすることで、家事労働時間と拘束時間を削減

することができます。

空き時間を利用して、自分のしたかったお稽古事を

始めるなどリフレッシュ時間に当てましょう。

完璧に家事をこなそうとして、自分を追い込む必要は

ないです。

ストレスを貯め込んだまま家事労働をこなしても、

自分が幸せでないと家族を幸せにはできません。