メガネ・サングラスの日焼けあとを早く治す方法とは?

スポンサーリンク

メガネやサングラスをかけて外出すると、

うっかり日焼けのあとが出来てしまう

ことがあります。

 

 

メガネ焼けを早く治す方法はあるのでしょうか?

 

 

それは、日焼け止めを塗ってさらに

メガネ焼けがくっきりするのを防ぐこと、

美白ジェルを使用すること、

ファンデーションで隠すことの3つです。

スポンサーリンク

 

 

メガネ焼けを隠すにはどんな方法がある?

日焼け 帽子

 

メガネやサングラスをかけていて、

鼻やこめかみの部分だけ白く残るように

日焼けしてしまうことがあります。

 

 

まずは、日焼け止めを塗ってさらに

メガネ焼けがくっきりしないようにします。

 

 

日焼け止めは目的に合わせて選びます。

 

 

普段の通勤や買い物程度に街中を歩く

ならば、SPF30程度で良いでしょう。

 

 

海や山、BBQや屋外スポーツの場合は

SPF50程度のものを使用します。

 

 

SPFの数値が高いほど日焼け防止の効果は

高いですが、ベタっとした使用感になりがちです。

 

日焼け止めを選ぶ時は、ベタつきのないもの、

石けんでカンタンに落とせるものを選びます。

 

 

いずれにしても、2時間程度で塗り直し、

帽子や日傘と併用することをお勧めします。

 

 

もうひとつは美白ジェルを使用することです。

 

 

使用感は個人差がありますが、

日焼けした肌に働きかけることで、

メガネ焼けを目立たなくさせるものです。

 

 

 

日焼けあとが治らない場合の対処法とは

日焼けしてしまった肌は新陳代謝によって

肌が生まれ変わるまで治りません。

 

 

理屈では1か月と言われていますが、

実際はもっとかかると感じる人がほとんどです。

 

 

メガネをかけていて日焼けをしてしまった

のであれば、人前でメガネを外さないように

すればいいのですが、サングラスの場合は

そうもいきません。

 

 

そんな場合は、

コンシーラとファンデーションを使って

日焼けしたところとしていないところが

わからないように隠すしかないでしょう。

 

 

しかし、メイクは時間が経つとよれたり

崩れたりしますので、

こまめに塗り直す必要があります。

 

 

男性もご注意ください

日焼けを気にするのは女性だけで、

男性には無関係と考える人が多いでしょう。

 

 

普段のメガネであとがついてしまうくらい

なら、あまり気にしなくても良いですが、

旅行先でサングラスを使用したり、

スキーでゴーグルの跡がついてしまうと

おかしなことになります。

 

 

男性の場合は、

メイクで隠すのもままなりませんので、

”日焼け対策は事前に行うことが重要”

と覚えてください。

 

 

 

まとめ

メガネ 日焼け

 

メガネ焼けが出来てしまった場合、

肌が新陳代謝によって生まれ変わるまでは、

根本的には治りません。

 

 

メガネ焼けをさらにくっきりさせないために

日焼け止めを塗ります。

 

 

日焼け止めは普段使いはSPF30程度、

レジャーの場合はSPF50程度と使い分けます。

 

 

ベタつきのなく、石けんで落とせるタイプが便利です。

いずれの日焼け止めでも、2時間程度で塗り直します。

 

 

美白ジェルを使用する方法もあります。

 

 

使用感は個人差がありますが、

日焼けした肌に働きかけて

メガネ焼けを目立たなくさせます。

 

 

メガネ焼けを隠したい場合は、

コンシーラやファンデーションを使って、

日焼けしたところとしていないところが

わからないように塗ります。

 

 

メイクは時間が経つとよれたり、

崩れたりしますので、こまめに塗り直します。

 

 

日焼けは女性だけではありません。

 

 

男性もレジャーなどで日焼けしてしまった場合、

メイクで隠すことも出来ないので、

”日焼け対策は事前に行うのが重要”

と覚えましょう。