美白女子なら見逃すな!冬にも必須!日焼け止め対策

記事上

スポンサードリンク





夏は暑くて紫外線が多く、日焼け対策が大変!

と思う方がほとんどです。

しかし、夏よりも“冬”のほうが紫外線が多いことを

知っていましたか?

知らないで冬は肌が焼けないから日焼け止めは

塗らなくてもいいやとついサボってしまいますよね。

このサボりが歳をとるごとにお肌に現れてしまうのです。

そこで冬だからこそ日焼け止め対策をしっかりすべく、

冬の紫外線が多い原因、その対策方法を簡単に

まとめてみたので、是非参考にしてみて下さい!

紫外線は夏より冬のほうが強いって本当?

スポンサードリンク

一般的には夏の方が紫外線は強く、冬は弱いです。

なので、夏には日焼け止めをしっかり塗って出かけ、

冬はそんなに焼けないだろうと日焼け止めを塗らずに

出かけますよね。

ここではなぜ紫外線が冬の方が強いと言われるのでしょうか?

それは単純に言えば

夏よりも冬の方が外にいる時間が長くなるから

からなのです。

冬だからといって紫外線が全然ないわけではありません!

紫外線の種類

紫外線の種類には、UV-A波UV-B波というものに分けられます。

UV-A波は、肌の内部まで浸透し、細胞を傷つけシミやしわの原因

UV-B波は、肌の表面に影響を及ぼし、主に日焼けの原因

この2つで肌に影響する紫外線はUV-B波なのです。

UV-B波は冬でも量が多いので、日焼け止めを塗っていないと

UV-B波が肌に入ってしまって、日焼けの原因になります。

冬の方は紫外線の量が多いだけが肌に影響する訳ではありません。

冬は乾燥して肌のバリア機能が低下し、

バリアが出来なくなった肌に紫外線が入ることによって、

ストレスがかかりやすくなるからなのです。

冬の怖い紫外線。日焼け止め対策をするには?

冬 日差し

そんな冬の怖い紫外線を肌に入れないため、

どんな対策をしたら良いでしょうか?

ここではいくつかの日焼け止め対策をご紹介します!

「日焼け止めをしっかり塗る」

根本的なところからですが、日焼け止めを塗るか

塗らないかじゃ全然違うのです。

日傘などで隠していても、紫外線は地面から跳ね返ってきてしまいます。

「ビタミンを摂取する」

特にビタミンCを沢山取りましょう。



スポンサードリンク


ビタミンCには、メラニン色素を抑えてくれて

肌のダメージを修復してくれる役割があります。

「きちんと保湿する」

乾燥していると肌が弱くなり、

そこから紫外線が入ってしまいます。

なので、乾燥をなるべく防ぐために、肌を保湿しましょう

「紫外線が多い時間帯を避ける」

主に紫外線が多くなる時間帯は、

昼の12時~14時にかけてです。

その時間帯はなるべく避けて外出するのが一番です。

「食事と睡眠を気を付ける」

生活習慣を見直すことも日焼け対策になります!

栄養の十分に取れる食事と最低でも6時間以上の

睡眠を心がけましょう。

外側と内側のどちらからも守ることによって

肌はより紫外線に強くなります。

UV-B波は窓ガラスを通過することが出来ないので

家の中にまでは入ってきませんが、UV-A波は

窓ガラスを通過して家の中にまで入ってきてしまうので、

窓の近くなどに居る場合は家の中でも

優しめの日焼け止めを塗ることをおすすめします!

おすすめ日焼け止めをこれだ!

オススメ 日焼け止め

オールシーズン使えて冬もしっかり紫外線対策を

してくれる日焼け止めをいくつかご紹介します。

1つ目は、オルビス サンスクリーン(R)オンフェイス ライト(ORBIS)です。



スポンサードリンク


ベタつきがなく保湿力もあるので1日かさつきや

テカリを抑えてくれます。

美容成分も80%以上も入っている

うるおいたっぷりの日焼け止めです。

2つ目は、ニベアサン プロテクトウォータージェルです。

低価格で肌に優しいジェルタイプの日焼け止めで、

落とす際も石鹸で落とすことが出来るので

肌に優しい日焼け止めです。

色々な日焼け止めがありますので、自分に合った

日焼け止めを探してみて下さい!

まとめ

冬でも紫外線が肌を傷つけてしまう原因

よくわかりましたよね。

日焼け止めだけでなく、体の中から改善することも

とても大切です。

少しずつでも無理なく日焼け止め対策をしていくことが

肌を良くすることに繋がるのです。

関連記事(一部広告含む)


関連記事(一部広告含む)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする