赤ちゃんから鼻血が出て心配!!気になる原因とは?

記事上

スポンサードリンク





まだ小さい赤ちゃんから突然鼻血が出たとき、

心配になってしまいますよね。

そして慌ててどうしたらいいのか

分からなくなってしまいますよね。

なぜ赤ちゃんが鼻血を出してしまうのか、

その原因は何なのか、そして対策法まで、

ママが安心できる情報を簡単にまとめてみたので、

是非参考にしてみてください!

赤ちゃんの鼻血の原因は?

スポンサードリンク

どうして赤ちゃんが鼻血を出してしまうのかというと

赤ちゃんの鼻の中の粘膜は、とても弱く、

すぐ傷ついてしまいます。

血管が集まっている「キーゼルバッハ部位」が傷つくことで

鼻血が出てしまうのです。

キーゼルバッハ部位

鼻の中の少し硬いところで血管が密集しているところ。

赤ちゃんが自分で鼻をいじってしまったり、

鼻のお掃除をしてあげるときに強くしてしまったりすると、

鼻血が出てしまいます。

ほかにも、ハイハイをして机など硬いものにぶつけてしまったり

赤ちゃんは体温調節がまだ出来ないので、

熱が体にこもってしまって鼻血が出てしまいます。

赤ちゃんが鼻血を出した!熱もあるときの注意点

赤ちゃんが熱を出して鼻血も出ているときすぐできる対処法は

まず、何度熱があるのかを測りましょう!

赤ちゃんの熱は37度くらいが普通です。

38度から39度くらい熱があり、

汗をかきぐったりしていたら

布団にねせてあげ、沢山水分をあげてください。

冷たく濡らしたタオルをわきの下、

おでこや首の後ろにあててあげると

熱が下がり少しでも楽にしてあげられます。

そして鼻血も出ているときは、あまり仰向けにしてしまうと

鼻血が喉の方にいってしまいあまり良くありません。

横向きや首を少し上げてあげると大丈夫です!

鼻血が出たときはティッシュペーパーやタオルで鼻を押さえて

熱が出た時と同様に、首の後ろ冷やしたり、

鼻の付け根を冷やしたりして、血流を軽減します。

そのときの注意点として、ティッシュペーパーを

鼻の奥に詰めることはやめましょう!

赤ちゃんの鼻の粘膜を余計に傷つけてしまいます。

赤ちゃんはデリケートなので、何事も優しく!

もし鼻血が30分以上止まらない場合は、

病気の可能性も考えられるので、

病院で診てもらった方が良いです。

赤ちゃんの鼻血が心配!寝起きの鼻血は大丈夫?

赤ちゃん 鼻血 原因

朝起きて赤ちゃんが鼻血を出していたことはありませんか?

それが何日も続く子もいると思います。



スポンサードリンク


寝起きに鼻血を出してしまう子は沢山いて、

決して稀なことではないのです。

上記で書いたように、赤ちゃんが鼻血を出してしまったら

まず止血し、冷やしてあげます。

赤ちゃんが寝起きで鼻血を出してしまうのは、

いくつか原因はあります。

1.赤ちゃんが寝ている間に無意識に鼻を触ってしまっている

寝ているときに私たちも無意識に鼻をかいたりしてしまうように、

赤ちゃんも鼻を触ってしまうため鼻血が出てしまう

2.朝方に体温が上がるため赤ちゃんの体温は

私たち大人より体温が高いため体温が

上がりやすい朝方に鼻血を出しやすい。

この二つが、赤ちゃんが寝起きに鼻血を出してしまう大きな原因です。

寝起きの鼻血を防ぐためには、赤ちゃんを常に見てあげて

体温を測ってあげたりなどして気を付けてあげることが

一番の最善です。

しかし、ずっと見てあげるという事は寝ている間

ずっとということになりますので、

それはママたちの負担が大きくなってしまいます!

赤ちゃんの鼻血対策方法!

まずは、「寝起きはゆっくり起こしてあげる」

急に動いてなってしまう体温増加を防ぐことが出来ます。

そして「温度変化に注意する」

お風呂などでは、冷たいシャワーや熱いシャワー、熱い湯船を避け

なるべくぬるいお湯で洗いお風呂に入れてあげて下さい!

まとめ

赤ちゃん 鼻血 原因 (2)

前文でも書いたように、赤ちゃんはとてもデリケートなので

体調を悪くして鼻血が出てしまったら、その原因は何なのか

知って良くなるための方法を考えてあげましょう。