赤ちゃんの肌がガサガサに!原因と対応策を知っておこう

記事上

スポンサードリンク





何気なく毎日を過ごしているとき、ふと赤ちゃんの肌を

触ったらガサガサで乾燥しているような気がする。

今まで普通に過ごしていたのになぜだろう?と疑問に思ったり、

まだ小さな赤ちゃんの肌なのにこんなにガサガサで大丈夫かなと

不安になったことはありませんか?

赤ちゃんの肌がなぜガサガサになってしまうのか、

どうやったら治すことができるのか、こちらでは原因や対策、

ケア方法などを分かりやすくまとめてみました!

赤ちゃんの肌がガサガサになる原因

スポンサードリンク

私たち大人の肌もカサカサやオイリー、混合肌など

種類があるように、赤ちゃんの肌もそれぞれ種類があります。

その中でもガサガサ肌の赤ちゃんは少なくないのです。

ガサガサ肌になってしまう赤ちゃんの肌は、

油分があまりない子に多いと言われています。

大人の肌の厚さより赤ちゃんの肌の厚さは大人の約半分で

生後3か月まではママのホルモンの影響などで補っています

が、その後からは段々と不足していって、

油分が大人の半分そして水分は半分以下になってしまいます。

それが赤ちゃんの肌が乾燥する原因になっているのです。

赤ちゃんの肌はとても弱いのですぐ影響を受けやすいです!

赤ちゃんの肌が弱い?デリケートな肌のケア方法とは

赤ちゃん 肌 デリケート

上記でも書いたように、赤ちゃんの肌はとても弱いです。

乾燥肌が続いてケアをしてあげないでいると
自分でかいてしまい赤く腫れてしまったり、
かきすぎて血が出てしまったり、時には湿疹が
出てしまうことも多いです。

あまりにも乾燥が酷く湿疹が続くようでしたら、
早めに病院で診てもらうことをオススメします。

お風呂での注意点とケア方法

赤ちゃん お風呂

デリケートな赤ちゃんのお風呂でのケア方法は、

素手でボディーソープを泡立てて、撫でるように

赤ちゃんを洗ってあげます。

汚れがたまりやすい耳の後ろや脇の下、

お尻や足の裏などは念入りに洗ってあげましょう。

粗いタオルなどで強く洗ってしまうと赤ちゃんの

肌に余計に傷がついて、乾燥や肌荒れの原因になってしまいます!



スポンサードリンク


ボディーソープは低刺激のものを使ってあげると良いです。

お風呂を上がってから拭くときも、柔らかいタオル
優しく拭いてあげましょう。

赤ちゃんに使うものはなるべく赤ちゃんに優しいものを!

お風呂上りには乾燥を防ぐために保湿用ローション
オイルを塗ってあげます。

この時あまり時間を置かないで
5分以内に行うのが効果的です!

なぜ5分以内に保湿用ローションやオイルを
塗らなければならないというと、5分間で
乾燥していってしまうからです。

水分がまだあるうちに保湿しておくことが
乾燥対策にうってつけです!

お風呂上り以外にも乾燥しているときに
保湿用ローションやベビーオイルを
塗ってあげるのもベストです。

赤ちゃんの肌がガサガサ!とっておきの乾燥対策はコレ!!

赤ちゃんのガサガサ肌対策方法いくつかあります。

・赤ちゃんの肌を清潔に保ってあげる

・お風呂の入れ方に気を付ける

・お風呂上りはすぐ保湿する

・赤ちゃんのいる部屋は乾燥させない

・なるべく天然素材コットン100%の服を着せる

この5つを主にしてあげるとガサガサ肌の赤ちゃんの肌も
水分のあるもちもち肌になってきます!



スポンサードリンク


やはりガサガサ肌の赤ちゃんの一番の乾燥対策は

保湿用ローションやオイルを塗ってあげることです!!

私たち大人も乾燥肌になった場合は、

化粧水などで肌に水分をあげますよね!それと同じことなのです。

クリームでも良いですがあまりべた付かないものを

オススメします。

あまりベタベタ過ぎると赤ちゃんも

気持ち悪くて嫌になってしまいます。

まとめ

乾燥肌の赤ちゃんには“水分”を!!

生きている植物や花は、
水をあげないと枯れてしまいます。
それと一緒です。

水分は一番大切なので、赤ちゃんの肌の
保湿を忘れずに!