1歳の子供に、市販の麺つゆを使った鍋料理って大丈夫?悪影響は?

記事上

スポンサードリンク





美味しい鍋料理、大人の食事を摂ることができるように

なった1歳の子供にも食べさせてやりたいです。

しかも、鍋料理は肉や魚から野菜までバランスよく

食べることができます。

どのようにして、子供に鍋料理を食べさせるかを

ご存知ですか。

水炊きであれば、大人がつけるポン酢を子供には

つけないでそのまま食べさせれば良いのですが、

寄せ鍋など市販されている麺つゆなどを利用して味付け

された鍋料理を子供に食べさせるには一工夫が必要

なのでお話しします。

そのひと手間を省くと、子供の将来に大きな影響を

及ぼす結果になるので注意しましょう。

子供の料理には、「薄味」という原則があります。

その原則の理由を説明することで子供の味覚形成

という責任をお母さんが担っていることを知ります。

その責任の重さにたじろぐこともあるかとは思いますが、

子供を育てることで自分も大きくなるんだと思うように

してくださいね。

鍋料理、子供には薄味に!

スポンサードリンク

大人と同じ物が食べられるようになる年齢は、

1歳3ヶ月頃からです。

鍋料理の時は、野菜から肉まで色々な食材を

摂ることができるのでついそのまま赤ちゃん

にも食べさせたくなりますね。

ここで思い出して欲しいのが、

子供の食事は薄味であることです。

そこで、水炊きの場合はポン酢もつけないで

そのまま食べさせましょう。

寄せ鍋などの場合は、市販の麺つゆなどを

使うと濃い目の味がついてしまっているので

子供には薄くするなど調節してあげましょう。

その薄める度合いですが、大体2倍から4倍に

薄めるようにしましょう。

また、大人が食べたくなるのが辛いキムチ鍋ですね。

当然のことですが、子供には食べさせるのは良く

ありません。

そこで、キムチや香辛料をお鍋に入れる前に

子供用に取り分けて、市販の和風出しや

コンソメなどで薄く味付けしましょう。

このキムチ鍋ですが、授乳中のお母さんは母乳に

辛味成分が出るので赤ちゃんに影響を与えるため

控えるようにしましょう。

なぜ濃い味は子供にはNGなの?

実は、濃い味付けは赤ちゃんの未熟な腎臓や

消化器官に大きな負担になり、将来の味覚形成に

良い影響を与えないのです。

その味覚形成は3歳までにほぼ完成すると

言われています。

さらに、赤ちゃんの糖分の過剰摂取は

将来生活習慣病に影響を及ぼすことも

あるので注意しましょう。

ある研究結果によると、3歳児の時に高脂肪、

糖分過多の加工食品を中心とした食生活を

送った場合、知能指数が低い傾向があると

発表されています。

また、子供に使用する砂糖の量は、料理おやつを

合わせて1日1歳から2歳で10グラムに

3歳から5歳で15グラムほどに抑えておきましょう。

砂糖の味に慣れてしまうと、強烈な甘みのため他の



スポンサードリンク


味覚形成が障害される恐れがあります。

しかも、糖尿病のリスクも高まるのです。

食べ物だけでなく、飲み物もスポーツドリンク、

ヤクルトを絶えず飲ませていると酸蝕症を引き起こして

歯を溶かしてしまうので注意しましょう。

まとめ

野菜もバランスよく食べることができる鍋料理ですが、

1歳以上の子供に与える場合に注意が必要です。

まず、大人が食べる味付けにする前に子供用に

取り分けます。

子供のために味を薄める基準ですが、2倍から4倍を

基本として薄めるようにします。

但し、刺激の強い香辛料を使ったキムチ鍋のような

ものは、子供には刺激が強すぎるので避けるべきです。

しかも、授乳中の母親がキムチ鍋を食べたりすると

母乳に辛み成分が出るので食べるのは控えましょう。

子供には薄味にする理由は、濃い味付けにする

とまだ出来上がっていない子供の腎臓や消化器官に

大きな負担をかけることになるからです。

しかも、濃い味は3歳までにできあがる味覚形成に

大きな影響を与えます。

さらに、過剰な糖分摂取も糖尿病のリスクを高めるので

注意しましょう。

基本は、1日1歳から2歳は10グラムに3歳から5歳は

15グラムに抑えるようにします。

子供の将来が、お母さんの味付け加減と調節に

かかっていることを心にしっかりと刻みつけて

行動をしないといけませんね。

食べたかったキムチ鍋を食べたばかりに、母乳を

飲む子供が苦しむことになることを知って驚いた人が

いたのではないでしょうか。

しっかりと考えた上で、行動を取りたいですね。