赤ちゃんを夜寝かしつけた後って暖房切った方が良いの?付けておくべき?

記事上

スポンサードリンク





冬、あまり寒いと赤ちゃんの服装を

どのようにすれば良いかと悩みます。

赤ちゃんにとっての理想的な室温を

しっかりと覚えておいて、室温を

調節するようにします。

その前に、赤ちゃんの服装は

動きやすいものにすることが大切です。

暖房を入れて室温を温めるには、

どのような暖房器具が赤ちゃんに

とって良いかをご存知ですか?

赤ちゃんに火傷をさせるようなことが

絶対にないように、しっかりと暖房器を

管理するようにしましょう。

そこで、赤ちゃんにとって良い暖房器が

どのようなものかをお話しします。

さらに、暖房器を使って室内を温めると

注意しなければいけないことがあります

その理由を紹介しましょう。

また、就寝中には暖房をつけたままに

するべきか、消すべきかと悩んでいる

人のためにその対処法をお話しします。

室温と注意点

スポンサードリンク

冬場、赤ちゃんのいる家庭では

どのような室内温度設定にしている

のでしょうか?

まず、快適な室温は20度から23度

湿度は40パーセントから60パーセント

が快適とされています。

気になる赤ちゃんの服装ですが、靴下を

はかさず何枚も服を重ねて着せるよりも

動き易い服装をさせてあげてください。

そこで、室温は暖房を入れて調節します。

最近では、床暖房を使っている家が

多くなってきていますが赤ちゃんの

低温火傷や脱水症状に注意しましょう。

ホットカーペットを使っている場合も、

赤ちゃんを直接寝かせるようなことは

やめましょう。

また、石油、ガスヒーター、ファンヒーターなどを

使う場合は一酸化中毒にならないように室内に

酸素を取り入れるようにします。

赤ちゃんにとって一番安全なのが

エアコンと言えます。

さらに、暖房器を使う際には適度に

加湿するように工夫しましょう。

加えて、暖房器を使用する際には

赤ちゃんから絶対に目を離さないように

してください。

また、就寝中の赤ちゃんを必ず

チェックするようにしましょう。

自分で体温調節できない赤ちゃん、

細心の注意を払って寒い冬を乗り越え

ましょう。

夜の暖房は?

さて、夜寝る際に暖房はどのように

すれば良いかと悩んでいる人も多いと思います。

赤ちゃんのいる家庭では、夜寝る時は

暖房は消してから寝るようにしましょう。

エアコンなどをつけたまま寝ると、

寝ている間に室温が高くなっている

こともありますし乾燥してしまう

可能性があります。

また、エアコンをつけたままにしておくと

空気が乾燥し風邪を引きやすくなるので

消すようにします。

赤ちゃんが寝る部屋が寒い場合は、

寝る前に部屋と布団を温めておく

ようにします。



スポンサードリンク


電気毛布は、温まり過ぎるので

使用は控えた方が良いでしょう。

赤ちゃんは体温調節する能力が

未熟な状態なので寝ている時は、

こまめに赤ちゃんの状態をチェックして

あげるようにしましょう。

特に、赤ちゃんはかいた汗をそのままに

しておくと風邪の原因になるので

冬でも室内では厚着をさせないことが

大切です。

まとめ

赤ちゃんにとって理想的な室温は、

湿度が40パーセントから60パーセントあり

20度から23度の温度です。

そんな環境の中で、靴下を履かさず

動き易い服装を赤ちゃんにさせて

あげましょう。

暖房器具、床暖房やホットカーペットは

赤ちゃんが低温火傷をしたり脱水症状を

起こす可能性があるので注意が必要です。

赤ちゃんにとっては、エアコンが一番安全な

暖房器具と言えます。

暖房器具を使う際には、空気が乾燥すると

風邪を引きやすくなるので必ず加湿する

ようにしましょう。

就寝前には、寝室や布団を温めるのは

良いですがエアコンは消してから休む

ようにします。

そして、電気毛布などは温まり過ぎるので

赤ちゃんには使わないようにします。

赤ちゃんが寝ている間も、必ず体調に

変化はないかをチェックするようにします。

赤ちゃんが汗をかいていれば

着替えさせましょう。

赤ちゃんは体温調節が未熟であることを

しっかりと頭に入れた上で、行動するように

したいものですね。