急な転校、その手続きは?

記事上

スポンサードリンク





仕事の都合で転勤が決まり、子供の転校が決まると

一番困るのが転校のタイミングを決めることです。

学期末まで待ち夏休みの間に転校するか、

学期の途中で転校してしまうかを

決めざるおえない状況になります。

どちらにするにしても、大切なことは

慣れた環境から離れざるおえない子供の不安と

悲しみを理解した上で決めるようにすることです。

県外への転校の場合は、転校が決まり次第

手続きをするようにした方が良いです。

転校の際には、手続きに必要な書類があるので

具体的にどのような書類がいるかを

お話ししておきます。

さらに、転校先に手続きに行く際には

子供も一緒に連れて行くことをおすすめします。

その理由も合せてお話ししますね。

小学校の転校手続きは夏休みにする?

スポンサードリンク

仕事の都合で、急に転勤が決まった場合は

子供の転校するタイミングに悩みます。

学習面を考えれば、学期末の区切りの良い時期に

転校した方が良いと思えます。

そこで、先にご主人だけ赴任地に行ってもらい

学期末まで別居生活をしてもらうという方法も

あります。

そして、夏休みの間に子供たちと赴任地に

引っ越しをして、2学期から新しい学校で

学べるようにしてあげると良いでしょう。

ところが、この転校の仕方では新しい土地で

子供が夏休みに遊ぶ友達がいないことが

問題になります。

また、転校が決まっているのであれば

学期末まで待つのではなく早目に転校して

新しい環境に子供がなじめるようにしてあげる

という選択肢もあります。

急な転校、新しい学校で不慣れな環境の中で

学ぶことは子供にとっては精神的ダメージが

大きいので、そのダメージを軽くしてあげる

ことが大切です。

しかも、夏休みの間の引っ越しは、子供が

自宅にいるので片づけがはかどらないことも

あります。

ですから、学習面を重視して夏休みの間に

引っ越しをするのか、学期中に引っ越しを

してしまうのかを良く考えた上で決めましょう。



スポンサードリンク


決める際には、子供の考えを重視した上で

決めることをおすすめします。

小学校の転校手続き、県外の場合は?

転校が決まれば、すぐに手続きを行いましょう。

まず、通学している学校の担任に転校の旨を

伝えます。

そして、学校に行って在学証明書、

教科書給与証明書をもらいます。

引っ越しの1、2週間前には、居住する市区役所で

転出届を提出して転出証明書を発行してもらいます。

そして、14日以内転宅先の市区役所に

転入届を提出し、転校先になる学校を

教えてもらい転入する予定をその学校に

伝えます。

転入する学校に、在学証明書、教科書給与証明書、

転入学通知書を持って手続きに行きます。

その際には、子供を連れて行き新しい担任の先生と

会わせて転入校になじめるようにしましょう。

準備する書類に不備や取り忘れなどもあるので、

なるべく時間的に余裕を持たせて転校準備を

する方が良いです。

転校手続きを滞りなく行うことも大切ですが、

何よりも大切にしなければいけないのが、

子供の心のケアです。



スポンサードリンク


子供にとって、なじんだ学校と友達から

離れることは大きな精神的ダメージで

あることを理解した上で転校後新しい担任と

連絡を取りつつ充分に配慮するようにしましょう。

まとめ

急な転校が決まった時は、そのタイミングに悩みます。

学期末まで待ち夏休みの間に転校する、

あるいは転校が決まれ学期の途中でも

転校してしまうという2つの選択肢があります。

いずれにせよ、なじんだ環境から離れる

子供の心を理解した上で決めるようにしましょう。

県外への転校の場合は、在学証明書、

教科書給与証明書と転入学通知書などの書類を

そろえ転校先に提出する必要があるので、

不備のないようにそろえるためにも時間的に

充分な余裕を持たせるようにした方が良いです。

急な転校については、子供の心のケアを心がけて

転校先の担任とも連絡を取り、新しい学校とクラスに

なじむまでしっかりと見届けましょう。