子育てが辛くて気が狂いそうな人へ!気持ちが軽くなる5つの話

記事上

スポンサーリンク




初めての育児って分からない事だらけではありませんか?

出産前に雑誌やネットで得た情報とは全く違った。

自分の想像とは違った。

そんな風に思って戸惑う事もあります。

特に一生懸命子育てをしているお母さんなら、

悩んで苦しむ事もたくさんあるでしょう。

そんなお母さん達に聞いてもらいたい

心が軽くなる5つのポイントを話しますね。

■真面目すぎないで!子育ては無理せずたまにはサボって気分転換を!

スポンサードリンク

まずは、毎日の子育てお疲れ様です。

さて、あなたにとって育児は楽しいですか?

それとも苦しいですか?

私も十数年前に出産し、まだまだ子育て真っ最中ですが

育児は楽しくもあり苦しくもあります。

でもこれって普通の事だと思うのです。

自分のお腹を痛めて産んだ我が子が

可愛くて愛おしいですよね。

だから無条件に受け入れるのです。

だから毎日お世話も出来るんですよね。

ですが、人ひとりの命を預かり育てていく

責任感やプレッシャー。

これを感じるのは当たり前ですが

その気持ちが大きくなっていませんか?

自分にとって初めての子育てで

不安な上にプレッシャーを感じて

しまっては精神的にも辛いですよね。

その為に必要なのは

責任やプレッシャーを感じ過ぎない事です。

では、どうしたらいいのか?

5つのポイントをお教えしますね。

1.育児をひとりで抱え込まない

育児ってお母さんと子どもとの

マンツーマンな部分が大きいと

思うのです。

授乳はもちろん、赤ちゃんが泣いたら

お母さんじゃなきゃダメだったり

しますよね。

お母さんもその都度対応はするのですが、

疲れてきたり不調の時は「なんで私ばっかり」

という気持ちになりませんか?

自分ばかりが育児をしている。

そんなもやもやした気持ちが膨らんできます。

そんな時は思い切って家族や託児所へ

預けてみませんか?

子どもにとってたった1日くらい

お母さんじゃなくても大丈夫です。

気晴らしに美容院や買い物に行ってみませんか?

もやもやしていた気持ちが不思議と

子どもに会いたい!という気持ちに

変わっていると思います。

2. 脱マニュアル

最近は育児書もたくさんあったり

ネットでもたくさんの情報がありますよね。

だけど、どれも流し読みして下さい。

だってその情報が我が子にピタリと

合う事は少ないと思うからです。

あの本にはこれが出来るとなっているのに

うちの子は出来てない。

おかしい…。

そうやって悩んでいると不安を

大きくしてしまいます。

子どもってマニュアル通りには

育たないものです。

悩んでいる時間を子どもや自分に

使いましょう。

3. 家事の分担

育児って時間制限なし!

ですので決まった時間に家事が

出来なかったりしますよね。

今日は掃除が出来なかった。

ご飯をちゃんと作れなかった。

そんな日もありますよね。

育児が忙しくて家事が出来ないなら

出来る人に手伝ってもらいましょう。

旦那さんや両親、プロのお掃除屋さん。

出来る人でいいのです。

育児中はたまに掃除して綺麗になる程度

でも全然良いと思いますよ。

4. 子どもの個性を認める

子育てをしていると、子どもって

なんでこんな事するの?言うの?

ってこともたくさんあると思います。

それは自分の中にその発想がないからです。

だけど、子どもにはその発想がある。

その違いなのです。

そんな発想も子どもの個性と思って

受け止めてあげましょう。

5. 手抜きを手抜きと思わない

育児も家事も家族の世話も完璧なんて無理!

そんな事やっていたら24時間じゃ足りません。

手抜きしたっていいじゃないですか。

それを当たり前に変えてしまえば

手抜きではなくなります。

時間を上手く使いましょう。

■子供に笑顔で接するために!子育てを気楽に楽しむコツは◯◯!

子育て 気が狂いそう

それはズバリ自分も楽しむです。

子どもと楽しみを共有するでも良し!

自分だけで息抜きのリフレッシュをするでも良し!

どうせ同じ事をするなら

楽しくやった方が断然お得。

せっかくの育児を楽しみましょう。

■まとめ

子育て 頑張らない

先輩ママさんの話を聞くと

子どもの育児期間はあっという間に

過ぎて行くそうです。

手が離れた今、逆に寂しいと

感じるそうですよ。

子どもと一緒にいられる期間、

楽しんで過ごしたいものですね。