夜行バスって中学生1人で利用できる?親の同意書は必要?補導時間は関係ある?

スポンサーリンク

春休みや夏休みなどの長期休みに

大好きなアーティストのライブやコンサートに行きたい!

と思っているお子さんも多いかもしれませんね。

 

 

その時に夜行バスで移動しようかなと

プランを立てている人もいるでしょう。

 

 

親としては心配でハラハラものですが、

このリーズナブルで便利な夜行バスに、

中学生の子が1人で利用できるものなのでしょうか?

 

 

 

中学生1人でも夜行バスは利用できる?

スポンサーリンク

 

かつて未成年者が夜行バスを利用する場合、

保護者の同意書の提出が求められたりするなど、

15歳未満の未成年だけの乗車には制限がある

ことがほとんどでした。

 

しかし、平成24年7月に制度改定され、

15歳未満の中学生でも、夜行バスに

ひとりで乗車できるようになりました。

 

 

もちろんバス会社によって対応が異なり、

15歳以上でも親の同意書が必要なバス会社もあります。

 

 

前もって確認しておくと良いでしょう。

 

 

だからといって夜行バスで移動している途中などに、

ゲームセンターによったりコンビニなどで

ウロウロしていると、補導されますよ。

 

 

どうしても中学生1人で夜行バスを利用する場合は、

できれば親の同意書を持ってから乗車するように

しましょう。

 

 

同意書 20歳未満のお客様へお願い|アップオン
20歳未満のお客様による「ご旅行お申し込み」の場合は保護者の同意が必要となります。ご出発までにご提出ください。

このような同意書の書式もありますし、

生徒手帳に親御さんから

「〇〇のため、1人での夜行バスの利用を許可します。」と

一言書いてもらうのも良いでしょう。

 

 

それでも警察に補導されそうになった場合は、

警察から親の方に電話してもらうようにしましょうね。

 

 

スマホの電池切れなどに備えて

親の携帯電話番号を控えておきましょう。

 

 

 

補導されないの?

 

「東京都青少年の健全な育成に関する条例」の中では、

夜11時〜朝4時までの間に季節に関係なく

未成年者が外をウロウロしていると補導されるとあります。

 

 

この条例は未成年者を危険な世の中から

守るために決められているのです。

 

 

いくら自分では立派な大人だと思っていても、

中学生なんてまだまだ経験の少ない子供です。

 

 

特に大都会の口先の上手な大人の誘惑にかかったら、

一たまりもないでしょう。

 

 

ですがこの場合でも親が何らかの理由があって、

未成年者の夜中の外出を承諾しているのであれば、

補導は免れます。

 

 

この11時〜4時の間に

未成年者のあなたが外をウロウロしていたら、

警察に質問されるのは当たり前ですが、

親が許可をしているのなら、

警察から親に電話をかけて確認してもらいましょう。

 

 

 

親として思う事

 

 

私が中学生の親だったら、

絶対に1人での夜行バス利用は許しません。

 

 

中学生の子達は微妙な時期で、

自分では大人だと思っている子も少なくありません。

 

 

周りの子たちが大阪や東京に行くから、

私も行きたいと言い出すでしょう。

 

 

もしどうしても子供が友達と行きたいというのなら、

私も仕事の休みを取って一緒に行くでしょう。

 

 

一緒に行けば自分の目が届きますし、

子供たちだけでお金を無駄に使わないように

監視もできるからです。

 

 

そして何より安心です。

 

 

特別な理由がない限り

夜中に子供が外にいること自体、

おかしいと思っています。

 

 

ただ、そういう私も娘が中学1年生の時に

カナダに留学させ、

中学2年生の時はイギリスに留学させました。

 

 

ですが飛行場まで娘を連れて行けば

搭乗員が目的地までは一緒なので、

安心です。

 

 

カナダでもイギリスでも昼間は

日本全国から集まった中学生たちと一緒に、

地元の学校に通います。

 

 

そして夕方はお友達と一緒にホストの家に帰り、

ホストファミリーと一緒に過ごしながら英語を

学ぶわけです。

 

 

英語だけではなく、

その国の気候や文化や習慣も学びます。

 

 

子供が外国にいて心配じゃないのか?と

思われるかもしれませんが、

中学生1人で夜行バスに乗るよりは、安全です。

 

 

ホストファミリーはきちんと選ばれた

信頼のおける家族で、

いつも子供を監視してくれています。

 

 

夕飯も必ず一緒に食べますし、

夜寝る時間もしっかり決まっていると

帰ってきた娘に聞きました。

 

 

ある意味日本の家庭よりも厳しく、

夕飯を一緒に食べないと食べ損なうし、

みんなでの会話が楽しかったと言っていました。

 

 

もちろん夜の外出などは絶対無理です。

 

 

自分の部屋の掃除や食べた後の片付けなど、

家事もちゃんと手伝いながら

色々な事を学んで帰ってきました。

 

 

あなたのお子さんも中学生なら、

「今お友達とライブに行きたいの!」と

反抗するかもしれませんが、

夜行バスを使ってまで

行かなければならないものでしょうか?

 

 

子供に楽しい思い出を作ってもらいたいという

親の気持ちもわかりますが、

それが取り返しのつかない結果につながる事もあるのです。

 

 

ライブやコンサートは

もう少し大きくなってからでも行けますし、

大都会でなくても違う場所で行われる時に

行っても良いではないですか?

 

 

最近は未成年の事件が増えているので、

中学生だけでの深夜外出を規制する条例

どんどん増えてきています。

 

 

漫画喫茶やネットカフェなども、

中学生だけの利用は無理なところがほとんどです。

 

 

東京に出て行きたいのなら

昼間バスを乗り継いで行くとか、

バスツアーを利用できませんか?

 

 

中学生までが親と行動する最後のチャンスなので、

親御さんもこの際お休みをとって

子供と楽しい思い出作りしましょうよ。

 

 

 

 

まとめ

今回は中学校1人での夜行バス利用について調べてみました。

 

 

基本的には中学生1人でも

夜行バスの利用は可能ですが、

必ず親の同意書を持参させるようにしましょう。

 

 

東京都の条例では

「夜11時〜朝4時までに未成年者が外出する事を禁じる」

なっているようなので、補導の可能性もあります。

 

 

子供に楽しい思い出を作ってもらいたいと思う

親の気持ちもわかりますが、

本当に子供のためになるのかよく考えてから

結論を出すようにしましょう。