頭のいい子供の特徴とは?子供の導き方はこれ!

記事上

スポンサーリンク




生まれながら頭が良い子どもっていますよね。

ところで、頭の良い子は好奇心が強いという

特徴を持っています。そして、彼らの発想の

柔軟性に大人は驚かされます。この発想の柔軟性は、

子どもが大人になる過程で失われていくものです。

ですが、子どもは嫌なものから逃げるという

傾向が強いです。そこで、親がどのように

子どもが嫌なことから逃げないようにさせるかを

お話ししておきます。

子どもの可能性広げるためにも、子どもを

上手く導けるようにしておきたいですね。

頭のいい子の特徴 、幼稚園では?

スポンサードリンク

頭が良いということには、2つの意味があります。

1つは考える力があるという頭の良さ、もう1つは

学校の成績が良いという意味での頭の良さです。

考える力があるけれども、学校の成績は良くない

というパターンもあります。では、考える能力は

どこで培われるのでしょうか?

考える能力を刺激するのは、好奇心が1番の原動力に

なっていませんか?幼稚園の子供たちの中でもひときわ

目立つ子は、やはり好奇心の塊のような子ですよね。

そこで、1つのことに興味を持って調べて考える

子供の能力を伸ばすようにしてあげるのが、

親の務めなのかもしれません。

そして、幼稚園時代の子供の発想の自由さと

柔軟性に驚かされることがあります。ところが

残念なことに、大きくなっていく過程で

その柔軟性が失われてしまいます。

幼稚園時代で頭がいい子の特徴としては、

好奇心に満ちている事、活発である事、

発想の自由さと柔軟性を挙げることができます。

これらが、大きくなって学校の成績につながる

とは言えないことを理解しておく方が良いですね。

嫌なことから逃げる子ども、その対策とは?

子どもは親に強制されて学ぶことが嫌いです。

親に強制されて学ぶことは、子どもにとっては

苦痛でしかないのです。

例えば、親が子どものためを

思ってさせるピアノレッスンなども、子どもは

音楽の大切さや楽しさを理解することができない

のでお友達と遊びたくてダダをこねたりします。

最悪の場合は、仮病を使ってなんとか嫌なレッスンを

休もうとします。

そこで、嫌なことから逃げようとする子どもを

言い聞かせることがとても大切なことになります。

なぜなら、下手な説得だと子供の「嫌」という気持ちを

さらに強めることになりレッスンをやめると言い出し

かねません。

もちろん、初めから子どもが興味を持っていること

を続けさせることができていれば、夢中になって

取り組む子どもをサポートすることに親は力を

注げばよいのです。

ところが、子どもが嫌がるものに興味を持たせて

続けさせるには、親が子供を誉めること

1番大切なことです。

ピアノでも絵でも、子どもの演奏や作品を

誉めるようにしてみませんか。そうすれば、

レッスンを嫌がっていた子供が態度を変える

ようなりますよ。

子どもを誉めることで、子どもの可能性を

広げることができるのです。

まとめ

幼稚園で頭のいい子の特徴としては、

好奇心に満ちていて活発であり、発想が

自由で柔軟性に富んでいることです。

この特徴が、学校の成績に直結しているとは

言えないことを認識しておく方が良いです。

また、この特徴は大きくなるにしたがって

無くなっていく傾向があるのです。

また、子どもは嫌なことから逃げる傾向が強いです。

ですが、子どもの将来のことを考えると

親は子どもが嫌なことから逃げることを容認して

おくことができませんね。まず、子どもが嫌な事

から逃げないように導いてあげることが大切です。

それには、子どもが嫌でもしているお稽古事、

ピアノとか絵画とかを誉めるようにすれば良いです。

子どもの将来のために、可能性を広げてあげる

ようにと心がけると良いですね。