お墓参りのマナー、亡くなった友人のお墓のお参りの仕方とは?

記事上

スポンサーリンク




親しい人の訃報を聞くのは、辛いものです。

葬儀に参列することで、しっかりと故人とのお別れが

できます。

ところが、実家から離れて遠方に滞在していたり、

仕事や家庭の事情で葬儀に参列できない場合が

ありますね。

そこで、実家に帰省した際には是非友人のお墓参りを

したいものですね。

その際には、自分の家のお墓参りと

違って守るべきマナーがあります。

そこで、大切なポイントをお話ししておきますね。

まず、お墓参りの日程が決まれば故人の家族に事前に

墓参のお知らせを入れるようにします。

服装については、ジーパンはやめて

黒や紺系の服できっちりとした服装で

お参りするようにします。

そのほかにも細かい注意点があるのでお話ししておきます。

亡くなった友達のお墓参り

スポンサードリンク

実家に帰省した折に友人の消息を聞くのは楽しみ

ですが、中には元気だった友人の死という

哀しい知らせもあります。

その哀しい知らせを聞くと、元気だった友人の姿を

思い出し懐かしさともっと連絡を取り合っているべき

だったという後悔の思いに押しつぶされます。

ですが、突然の訃報とかでは、仕事や家庭の事情で

友人の葬儀に参列することは難しいこともあります。

ですから、自分を責めるのではなく他の友人たちを

誘って亡くなった友人のお墓参りをするとよいです。

ですが、友人のお墓参りには故人の家族への配慮とか

服装などの注意点があります。

そこで、友人のお墓への

お参りのマナーについてお話ししておきますね。

親族以外の人お墓参りの仕方

まず、友人の葬儀に参列できずに罪悪感に

押しつぶされそうになりお墓参りに早く行きたい

という気持ちは理解できますが、亡くなった友人の

家族の気持ちが落ち着くまで待つようにします。

そこで、49日や1周期を迎えていない場合は、

亡くなった友人の家を訪問してお線香をあげる方が

マナーに沿っています。

さらに、お盆の期間中お墓にはどなたもいない

状態なのでお墓参りは避けた方が良いです。

友人のお墓参りをする際には、親族以外の人が花を

お墓にお供えしているのを見ると驚くので事前に

亡くなった友人の家族にお墓参りする旨を伝えて

おくようにします。

お墓参りには、お墓用のお花、線香、ライター、数珠を

持参するようにします。

大抵の墓園には水くみ場がありますが、ない場合に備えて

ペットボトルに水を入れていくと便利ですね。さらに、

不要になったお花の包み紙などを入れるためにビニール袋を

持参すると良いです。

お墓参りにジーパンはNG?

さて、お墓参りの日も決まり気になるのが服装ですね。

友人のお墓参りなのでジーパンでも良いと考えている

かもしれませんが、ジーパンでのお墓参りは避ける

ようにした方が良いです。

事前に、故人の家族に墓参する旨を伝えているので

家族の人達が墓園に来てくれている場合があります。

その際に、普段着であるジーパンでは故人の家族に

失礼になるのでなるべくきっちりとした服装でお参り

する方が良いです。

そこで服を選ぶ際には、派手な服装は控えて黒、紺色の

服を選び、アクセサリーもあまりつけないようにして

女性の場合はハイヒールを履かないようにしましょう。

きっちりとした服装で、故人への敬意を示すように

しましょう。

亡くなった友人の葬儀に参列できなかった時には、

友人たちと共に故人のお墓参りをすると良いです。

その際には、事前に故人の家族に墓参の旨を

伝えるようにします。

お墓参りの際には、お墓用のお花、線香などを

持参するようにします。

服装に関しては、ジーパンではなく

黒、紺系の色調の服を選ぶようにした方が良いです。