年末年始の新幹線料金はどれくらい高い?ここを見ればすぐわかる!!

記事上

スポンサーリンク




年末年始は民族大移動のように新幹線も飛行機も混み合い、

とても乗車率200%の新幹線自由席で立ってどこかに

旅に出掛けられるような状態ではありません。

そんな激混みなくせに新幹線の料金も年末年始は

変わってしまいます。

どのように料金が変わるのかと言うと、

乗車券の料金は通年同じ料金です。

しかし指定席特急券の料金が

乗る日によって変わってくるのです。

新幹線には通常期、閑散期、繁忙期とわかれていて、

年末年始はご想像の通り繁忙期です。

閑散期を基準とすると通常期の指定席特急券は

200円高くなり、繁忙期はさらに200円高い

閑散期から比べて400円アップされてしまいます。

料金が変わるのは指定席特急券だけなので

大幅に料金が値上げされる事はないですから

仮に400円アップしたとしても、

ゆっくりと座っていきたいですよね。

正月旅行の穴場はここ!!正月特集!!

スポンサードリンク

正月に実家に帰ってもまったく面白くもないし、

せっかくだから新幹線に乗って暖かいところで

正月を迎えたいものです。

しかし年末年始の新幹線は混んでいるので、

せめて滞在する土地ではゆっくりとしたいのですが、

どこか穴場ってあるのでしょうか?

ところが年末年始はほとんどの人が休みなので、

どこの観光地でも新幹線以上に混み合っています。

これではのんびりしに来たつもりが、かえって

疲れ果てて帰って来るはめになってしまうので、

とりあえず暖かいところに向かうのであれば、

南の方へ向かいましょう。

新幹線で行ける範囲で比較的暖かいのは

鹿児島や宮崎辺りです。

1月の平均気温が15度ぐらいなので、

天気の良い日はもっと暖かく感じるはずです。

飛行機には乗らず新幹線で行ける暖かいところは

国内ではこの辺りが最大の穴場ではないでしょうか。

飛行機も利用可能であれば沖縄が一番暖かいので

ホテルのプライベートビーチで日光浴していれば、

混雑する事もなくのんびり暖かい正月を過ごせる

ことでしょう。

正月はどっか暖かいところへ行こう!オススメトップ3!!

年末年始 新幹線 料金

正月に国内で暖かいところで過ごそうと思っても、

そこはやはり日本なのですごく暖かい場所

というのはなかなか見つからないものです。

ちょっと発想の転換をして気温が暖かいのではなく

『温かく』過ごせる場所をご紹介します!

③岡山県湯郷温泉

やっぱり温かいところと言えば温泉です!

美人の湯としても有名な湯郷温泉では、

三星太鼓が見所!

0時ぴったりになると花火が打ち上がります。

宿に到着したら一度温泉に入り体を温めてから、

カウントダウンイベントを見に行き戻り次第

もう一度温泉に浸かって温まってゆっくりとしましょう。

美人の湯なので正月があけたら

お肌もツルツルになっている事でしょう!

②群前県伊香保温泉

群馬県なんて超寒いじゃん!

と思うかもしれませんが、

伊香保温泉を侮ってはいけません。

温泉に浸かりながらカウントダウン花火も見え、

翌朝は早起きをして、朝風呂を堪能しながら

初日の出を拝めるなんて超贅沢な事が味わえる

場所です。

ただ、温泉からあがると寒いので

湯冷めしないように気を付けてください。

①高級ホテル

正月は一切何もしないと決め、高級ホテルの一室を予約し、

食事も全てホテル内で済ませてしまうのもいいです。

冬のボーナスは吹き飛び、財布は寒くなりますが、

心は暖かくなりかなりセレブな気分になれるので

これはオススメです。

近くに神社があれば初詣もついでに行けてしまうので

なおさらゴージャス極まりない贅沢な正月です!

まとめ

正月 温泉

年末年始はどこも混み合います。

暖かい地域でのんびり正月を過ごそうにも、

同じ事を考えている日本人はたくさんいますし、

飛行機を使ってまで沖縄に飛んでも、

新幹線料金以上に飛行機代も値上がりしています。

超繁忙期なので

ホテルも値段を吊り上げてきますし。

それならばできるだけ南へ移動し、

温泉宿でのんびりするのも正月の醍醐味ですよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



関連記事(一部広告含む)


関連記事(一部広告含む)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加