サンタクロースの正体はいつ教えるべき!?最適なタイミングとは?

記事上

スポンサーリンク




12月といえば・・・

そうです、クリスマスの時期がやってきましたね!!

この時期になると

プレゼントのことを考えて

ワクワクしていた人も多いはず・・・。

そしてクリスマスといえばサンタクロース。

あなたは何歳までサンタさんがいると

信じていましたか?

子供のころは無条件に

サンタさんがいると思っていませんでしたか?

あの頃の純粋な自分を懐かしく思う方も

いるのではないでしょうか?

あんなふうに純粋な心を持っているのって

子供時代しかないですもんね(笑)

ところであなたがサンタクロースの

本当の正体に気づいたのは何歳の時でしたか?

子供に真実を教えるのって気が引けますよね・・・。

そこで、サンタの正体を教えるタイミングと

その時の子供の反応を調べてみました!!

サンタクロースの正体、子どもが気づく年齢はだいたい○歳!!

スポンサードリンク

サンタクロースの正体を知った

子供の平均年齢は7歳だそうです。

意外に早いですね!!

小学校低学年の時には

みんなうすうす気づいてしまっているようです(^_^;)

そのきっかけというのは

直接親が話す場合が少なく

お友達や上の兄弟などから聞く場合が

多いようです。

確かに学校に通っていたら

お友達から聞くというのが普通かもしれませんね。

小学校に通うようになると交友関係も

一気に広がりますし

そういう余計?な事を言ってしまう子も

中にはいるかもしれません(笑)

小学校高学年ともなると

信じている子をバカにする男の子

クラスに一人はいた気がします^_^;

こういう経験をしていって

みんな真実に気が付くのかもしれません。

子供の世界って残酷な面もありますよね・・・。

サンタクロースの正体は親でしたー!気になる子どもの反応!

サンタクロース 正体 いつ教える

この時親が気になるのって

サンタの正体に気づいた時の

子供の反応ではないでしょうか?

意外にも子供はすんなりとその現実を

受け止めている場合が多いようです!

これを聞くとちょっと安心しますよね!(^_^)

もちろん多少のショックは受けるようですが

私たち大人が思う程

子供たちのショックを受ける期間は

短いようです。

親たちはサンタの存在を信じさせるため

必死になってサンタの作り話をするわけですが

そもそも矛盾だらけですもんね(^_^;)

子供ながらに

「うち煙突ないけどどうやってプレゼント渡すのかな」

「そりで空を飛ぶってどういうこと?」

など色々考えますよね。

親は適当に話を作りますが

特にお父さんなんかは

必死になって色々バレないように

工夫するのではないでしょうか?

世の中のお父さんたちは必死になって

サンタになりきろうとしているわけです(笑)

子供のころは気づかなかったですが

大人になってそんなふうに頑張ってくれた

お父さんを思うと

心がほっこりしますよね(*^_^*)

なので、サンタの正体を知った時の

子供の反応を気にしている方もいるかもしれませんが

意外にも子供たちはたくましかったようです!!

ご安心ください(^_^)

まとめ

サンタクロース 正体 いつ教える

サンタの正体がいつバレるのか?

心配している方も少なくないはず。

でも、子供たちは子供たちの世界で

自分たちなりにうまく対処しているみたいですね。

大人の我々が心配するほど

子供たちも未熟ではないようです!!

確かに社会人になって

本気でサンタさんを信じている人がいたら

それはそれでこわいですよね・・(笑)

それこそ親をうらんでしまいそうです(*_*;

なぜもっと早く言ってくれなかったのかと・・・。

なかには中学生になっても

サンタさんを本気で信じている子供に

さすがにマズイなと思い

正体を教えたというお父さんもいるみたいです(>_<)

お父さんとしては心苦しいですが

自分の子供が世間についていけなくなるのも

ツライですよね・・・。

なかなか難しいさじ加減ですが

遅くとも小学校の高学年ぐらいまでには

気づいた方がよさそうですね。

自分が大きくなって

あの時は本当にサンタを信じて待っていた・・・

なんて思い出があると

心が温まるのではないでしょうか?(*^。^*)

その時愛情をくれた両親に

改めて感謝したいですよね(^.^)