お湯絶対ダメ!当然の大雪でも雪かきは効率のいいやり方で腰痛を防ごう

記事上

スポンサーリンク




近年都内でも雪が積もって雪かきに追われる人が

多くなってますよね。

雪かきをして綺麗にしても、すぐに雪が降り積もって

また雪かきをしないといけなくなる。無限ループです。

腰などに負担をかけないよう、効率のいいやり方で

雪かきをしていかないと、もし腰を痛めてしまったら

雪はどんどん降り積もっていき、家から出ることすら

できなくなってしまいますので注意が必要。

今回は雪国出身の私が、

効率のいい雪かきのやり方を伝授します!

雪かきはお湯の使い方でグンと変わる

スポンサードリンク

基本的に雪かきにお湯を使ってはいけません!

お湯をかければあっという間に溶けて楽勝じゃん!

と思いますが、これが超危険なのです。

確かにお湯をかけた部分は一瞬溶けてくれますが、

気温が低いと再凍結してアイスバーンになり

転倒の危険があります。

さらにその上から雪が降り積もり、

雪かきの難易度もグンと上がってしまいます。

しかもは庭先の雪かきをする時に

毎日お湯を使っていたら、水道代とガス代が

とんでもない金額になってしまいますからね!

雪かきには絶対にお湯や水などは

使わないようにしましょう。

ただ、車の上に降り積もった雪を溶かすには、

お湯をうまく使うと通常より早く溶けてくれて

会社に遅刻する事はなくなります。

車の上の雪を溶かすには

大きめなヤカン1杯あればどうにかなります。

車の雪の溶かし方

ヤカンにお湯を沸かし、火傷しないように

気をつけてやかんを外に持って出てください。

とにかくフロントガラスの雪をなんとかしないと

出発もできないので、フロントガラスを中心に

お湯をかけていきましょう。

(後ろの窓も忘れずに)

そのまま車のエンジンをかけて20分程放置しておくと

エンジンの熱で車の雪は溶けてきてくれます。

この放置時間のうちに、車の前に降り積もった雪を

スノーダンプを使って雪かきをしちゃいましょう!

でも腕だけで重いスノーダンプを押そうとすると

腰がギクッとなってしまいます。

体全体を使いスノーダンプを押して

邪魔にならない場所まで雪を移動させているうちに、

体もポカポカ車も温まっていますよ。

お湯の使い所さえ間違えなければ、効率が良くなります。

※スノーダンプってこういうやつです

雪かきの上手なタイミングは?夜のうちに進めたい!

雪かき 効率 の いい やり方

朝起きたら外は一面、雪雪雪!

毎朝雪かきをしていたら、朝から疲れてしまうので、

夜のうちに雪かきをしたら楽なんじゃないか

と考えますが、実際のところどうなのかと言うと…

雪かきのタイミングは5cm以上積もったら可能です。

なので夜のうちに5cm以上積もっているようであれば、

夜のうちに雪かきを1回しておけば、朝から雪かきを

する量も減っているので、1度に重い雪を必死に雪かきを

するよりも、腰や膝に負担がかかりにくくなります。

でも豪雪地帯だと夜に雪かきをしても朝には、

またかなり降り積もっているので、

がっかりはしますけどね!

豪雪地帯では家族総出で1日3~4回は雪かきをしないと

追いつかない地域もあるぐらいです。

かいてもかいても減らない雪にうんざりはしますが、

雪かきをしないと本当に家から出ることすら

できなくなります。

もし夜に雪かきをするのであればご近所の迷惑に

ならないように、21時頃までにポイントを絞って

玄関前や車の出し入れをする場所の雪かきを

しておきましょう。

これで朝にはまた雪が積もっていても、玄関から

出ることも可能ですし、車の前も雪が少なくなって

いるので、比較的出発しやすくなります。

でも深夜に雪かきをするのはNGです。

自分では静かにやっているつもりでもザリザリと

雪かきの音って結構響くんですよ。

まとめ

雪かき 効率 の いい やり方 (2)

雪かきは力任せにせず体全体を使って雪かきをしないと、

あちこち痛めてしまいます。

また降ったばかりの雪であればそんなに重くはないので、

小まめに雪かきをするようにして、絶対に道路にお湯は

撒かないようにしてくださいね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



関連記事(一部広告含む)


関連記事(一部広告含む)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加