冬だって日焼けしたい!冬でも手軽に日焼けする方法ってない?

記事上

スポンサーリンク




夏に日焼けをする方法は誰でも簡単に思いつきます。

紫外線も強いですし、

手軽にベランダに横たわっているだけで、

こんがり小麦肌の出来上がり!

でも冬も日焼けをしたい場合は

どうしたらいいのでしょう?

冬でも紫外線は降り注いでいますが、

まさかベランダで寒い中震えながら

水着を着て、横になっているわけにも

いきませんよね…。

冬に日焼けするにはどうしたらいい?

スポンサードリンク

冬でも日焼けする方法はいくつかあります。

もちろん日焼けサロンに通って小麦肌にするのが

一番綺麗に日焼けする事ができます。

でも日焼けサロンに通うお金ももったいないし…

なんて考えていても冬は自然に焼けるのを待っても

夏のようには一気に日焼けはされないですし、

そもそも防寒しているので露出している部分しか

紫外線を浴びる事ができません。

しかし!冬でも紫外線が強い場所があります。

最も日焼けしやすい場所それはスキー場です。

天気の良い日なら白い雪に紫外線が反射し

雪焼けをします。

スキーで体を動かしていると汗が出るほど

暑くなってくるので、上級者になると半袖で

滑っていたりします。

ですが、ずっと半袖でいたとしても

上半身しか日焼けしてくれません。

かと言って水着で滑るわけにはいかないですし…。

しかもスキー場までわざわざ行かなくてはいけないので、

とてもお手軽に日焼けができるとは言えませんよね。

やっぱり冬に日焼けをしたいのであれば、

日焼けサロンに行くか、南向きの太陽が

当たる窓辺で寝転んでいるしかないのでしょうか…。

日焼けサロンは確実に焼けますがお金がかかるのが難点です。

冬の室内で日焼けをするには

サンオイルを塗ってもなかなか難しいのが

現実です。

もっとお手軽に日焼けをする方法ってないのでしょうか。

冬でも日焼けする方法はずばりこれ

冬でも日焼けをするには、

日焼けサロン以外に手軽にできる方法として

『日焼けをしているような肌』

を作る事ができます。

セルフタンニングと呼ばれる方法であれば冬でも

手軽に日焼けした(ような)肌を楽しむ事ができます!

用意するもの

タンニングローション

メイクに使うパフ

薄手のビニール手袋

とりあえずこれだけあれば、

冬の日焼け肌を手にいれる事が

可能になります!

いざ日焼け肌作り!

①日焼けをしたい部分のムダ毛を剃り、

角質も念入りに落としておきましょう。

※この時保湿はお忘れなく!

②ビニール手袋をはめ、

体の下→上に向かってまんべんなく

タンニングローションを塗っていきましょう。

細かい部分は化粧用のパフを使って

塗り残しがないように気をつけてください。

背中など自分では見えない部分は塗りにくいので、

彼氏や家族に塗ってもらうようにしましょう。

見えない部分を適当に塗るとまだらになってしまいます。

それとタンニングローションが床などについたりもするので、

浴室で塗ると後片付けが楽ですよ。

③塗り終わったら、乾燥させ終了ですが、

より自然な仕上がりにするために、

じっくりと自然乾燥させましょう。

もう少し濃い色にしたいのであれば翌日も

同じ行程で重ね塗りするとこんがり感が出ます。

1度塗ると本物の日焼けとは違って1週間ほどで

自然と元の肌色に戻っていきます。

冬の間日焼け肌を続けたいのであれば

「色が落ちてきたなぁ」

と思ったら再度タンニングローションを塗れば

こんがり日焼け風の肌になります。

ただ毎回背中を塗る時に、他の人の手助けが

必要なのであまりにも面倒くさがられたら、

おとなしく日焼けサロンに焼きに行った方が

迷惑をかけませんよ。

まとめ

冬 日焼けしたい

冬に日焼けをするのは、夏のように簡単にはいきません。

タンニングローションが自分ひとりで塗れる

なら楽ですが、全身となると手助けが必要に

なってくるので結構大変な作業です。

見せたい部分だけ(足とか顔とか)塗ると

タンニングローションの減りも少なく、

周りに手助けしてもらわなくても日焼け肌を堪能

できるのでオススメです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



関連記事(一部広告含む)


関連記事(一部広告含む)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加