冬の沖縄を堪能しよう!おすすめの観光スポット

記事上

スポンサードリンク





「沖縄イコール」「海イコール夏」というイメージを

持っている方が多いと思います。

でも実は冬の沖縄もおすすめなんです。

気温が10℃を下回ることは、ほとんどありません。

コートや手袋もいりません。

ジャンパーくらいの服装で快適に過ごせます。

冬の沖縄の魅力は、「ツアー料金が安いこと」

「観光スポットが比較的空いていること」

「冬ならではの楽しみがあること」です。

それでは、順にご紹介しましょう。

沖縄の魅力は夏だけじゃない?

スポンサードリンク

沖縄は3月が春、4月~10月が夏で、11月が短い秋で、

12月から2月が冬と言った感じです。

海水浴は4月から10月に楽しむことができます。

3月や11月でも泳げる日もありそうですが、

監視員が不在になりますし、更衣室やシャワーが

使えないビーチもあります。

天気もいいし、暖かいからいいや!なんてシーズンオフに

海に入ってしまうと、潮でべたべたのまま車に乗ることに

なってしまうこともあります。

最悪、流されてしまっても誰も気がつかない・・・

なんてことも起こるので、遊泳期間に楽しみましょう。

7月、8月は夏休み期間なので、ツアー料金も高くなりますし、

予約も取りにくいです。

観光スポットも混雑していることが多いです。

沖縄の夏は最高気温が32,3℃で本州よりは低いですが、

日差しが強いので、日焼け対策、熱中症対策はマストです。

するとお茶休憩ばかりすることになってしまい、観光スポット

めぐりのハズが、カフェめぐりになってしまうことも多いのです。

仕事の休みが調整できるなら、夏休み期間を避けて

沖縄を旅行されることをおすすめします。

おすすめの観光スポットって?

沖縄冬おすすめ

冬の沖縄のおすすめの観光スポットは4つです。

<首里城>

琉球王朝時代の王族の住まいであり、政治、文化の中心地で

あった首里城です。

とても広く、屋外を歩き回ることになるので、

夏休み中に訪れるのはおすすめしづらいのです。

冬なら熱中症の心配もありませんので、

ゆっくりと見て回ることが出来ます。

首里城見物の帰りには「金城町石畳道」も立ち寄ってください。



スポンサードリンク


石畳の風情ある坂道は朝ドラ「ちゅらさん」を始め

いろいろなドラマやCMのロケ地になっています。

<国際通り周辺>

お土産屋さんが軒を連ねる国際通りは、

一度行けば十分と思っている方が多いでしょう。

実は国際通りからつながる脇道には

魅力的なお店がたくさんあります

国際通りにつながる浮島通り(うきしまとおり)は

センスのいい服や雑貨のお店が集まっています。

ここでしか買えないお土産も見つかります。

国際通りから市場本通りを抜けると壺屋やちむん通りに出ます。

やちむんとは沖縄の言葉で焼物のことで、

シーサーやお皿などの食器を作る窯元や

直営店が集まっています。

冬なら比較的空いているので、

じっくりとお気に入りを探すことができます。

散策の途中に気軽に立ち寄れる飲食店もあります。

<ダイビング>

海水浴は時期が限定されますが、

ダイビングは1年中楽しむことができます。

沖縄の海は水温が高く、透明度も高いので、

体験ダイビングや初心者も潜りやすいですし、

1年中、ウェットスーツでダイビングを楽しめるので

手軽です。

初心者でも潜れる浅いところでも、

ニモ(カクレクマノミ)などのカラフルな魚たちに

会うことができます。

水族館では見られないお魚の姿を見ることができますよ。

<ホエールウォッチング>

冬の沖縄の最大の魅力は「ホエールウォッチング」です。



スポンサードリンク


ザトウクジラが繁殖期を温かい沖縄の海で過ごすために

帰ってきます。

目の前で見られるクジラのジャンプは大迫力です。

那覇から座間味島周辺へ行くツアーは遭遇率が高く、

もし、全くクジラが見られなかった場合は返金保証

設定されていることもあります。

防寒対策、船酔い対策を万全に船に乗り込みましょう!

まとめ

沖縄冬おすすめ (2)

沖縄の冬は気温が10℃を下回ることがほとんどありません。

コートも手袋も要りません。

夏休み期間はツアー料金が高く、

予約も取りにくいですが、冬はツアー料金も安くなりますし、

予約も取りやすく、観光スポットが比較的空いています。

冬ならば、ホエールウォッチングも楽しめます。

ゆったり、のんびり沖縄を堪能するなら冬がおすすめです!