海は冬に楽しむのがおすすめ!本当は教えたくない冬の海の楽しみ方!

記事上

スポンサードリンク





海は夏だけのお楽しみと思っていませんか?

海を満喫したいなら冬がおすすめです。

でも、冬の海に女性が1人か2人でいたら、

違う心配をされてしまいそうです。

安全で堂々と冬の海を楽しむ方法をお教えします!

冬だからこそこれが楽しめる

スポンサードリンク

海水浴は海開きのシーズンにしか楽しめませんが、

ダイビングなら1年を通じて楽しむことができます。

冬の海にダイバーがいても誰も気に留めません。

安心安全です。

地域によって見られる魚が異なるのはもちろん、

同じ海でも季節によって見られる魚が異なります。

ダイバーの中には見たい魚によって、潜る地域や時期を

選ぶ人もいます。

関東地方では、伊豆でダイビングを楽しむ人が多いです。

ポイントもたくさんありますし、設備の整った海も多いです。

通年でダイビングはできますが、海の中も夏は暑く、冬は寒いです。

標準的なウェットスーツで潜れるのはGW~10月頃でしょう。

11月から3月頃はドライスーツを着用することでダイビングが可能です。

服の上から着られるドライスーツは、体が濡れないので

海から上がってすぐに帰れるなんて言われていますが、

実は操作が難しいこと、海との一体感を味わいにくいこと、

服も体も濡れないはずですが、初心者は操作をミスって濡れてしまう

こともしばしば。

体験ダイビングや初心者向けではありません

私としては、ダイビングはウェットスーツの方が海を感じられるので

おすすめです。

夏はダイビングをする人が多いので、

どこの海でも混雑してしまって、

海の中でダイバーの渋滞ができることもあります。

夏の海の透明度はあまり高くないうえに、

他のダイバーが砂を巻き上げてしまって

視界が遮られてしまうこともあります。

どこの海でもダイバーが少なくなる冬の海は

魚をじっくり観察できますし、

インストラクターも忙しくないので、

ゆとりを持って接してくれます。

私はこの海をおすすめします

海 冬

私のイチ押しの海は沖縄です。

水温が高く、透明度も高いので、

安心してダイビングをすることができます。

沖縄の海は冬でも水温が高いので、

1年中ウェットスーツでダイビングをすることができます。



スポンサードリンク


空気と比べて海水の方が、温まりにくく、冷めにくいので

陸上の季節とズレが生じます。

4月から11月はウェットスーツでダイビングできます。

12月はウェットスーツでダイビングできますが、

潜った後の船の上の方が寒いことが多いので、

ウェットスーツの上から羽織れるジャンパーがあると快適です。

手持ちがなければ、レインコートで十分ですよ。

100円ショップでも入手できます。

1月2月は海の中も寒いので、ウェットスーツの下に着る

ホットカプセルやフードをプラスすると快適に潜れます。

体験ダイビングなら4月~12月が良いでしょう。

冬の海なら、かわいいニモ(カクレクマノミ)も

じっくり観察できます。

良いダイビングサービスなら、混雑していない時期なら

見たい魚をリクエストすると聞いてもらえます。

私は12月に阿嘉島でダイビングをした時に

「ウミガメが見たい」とリクエストしたら、

本当にウミガメに会わせてもらえました。

私一人とインストラクターだけだったので、

ウミガメを独り占めした気分でした。

ダイビングはちょっと・・・と言う方は

絶景のカフェめぐりはいかがでしょうか?

沖縄には海の見える絶景のカフェがたくさんあります。

海は季節によって表情を変えます。



スポンサードリンク


カフェなら思う存分海を眺めていても誰も咎めません。

美しい海を見ながらコーヒーを飲んだり、

おいしい食事をしたり。

サンセットはどこで見ましょうか?

ロマンチックな雰囲気に包まれて、

リフレッシュできますよ。

まとめ

海冬 (2)

海を満喫したいのなら、混雑していない冬の海がおすすめです。

女性がひとりや2人で海辺に佇んでいると心配されてしまうこと

もありますが、ダイビングなら心配無用です。

ダイビングは1年を通して楽しむことができます。

11月~3月はウェットスーツでは寒いので、ドライスーツを着用します。

初心者にはドライスーツの操作が難しいので、1年中ウェットスーツで

ダイビングできる沖縄の海がおすすめです。

ダイビングは敷居が高い方には絶景のカフェをおすすめします。