年末年始はやっぱり海外!?海外旅行の相場は!?

記事上

スポンサードリンク





年末年始は毎年実家に帰省して、グダグダと

過ごしているなんてもう飽きた!ってなるでしょう。

ゴロゴロして動かない分、体重は増えるし、

親には「結婚はまだなの?」なんてブツブツ

言われるし…。

実家に帰ってもお年玉を貰えるような年齢

でもないし…。

そんなつまらない年末年始を過ごすより、

今年は同じような境遇の女友達でもさそって

海外旅行に旅立ちたいですが、

年末年始の相場ってどのくらいなんでしょ?

冬のボーナスぶっ飛んじゃうかしら?

年末年始はハワイで過ごしたい!!値段はどのくらい??

スポンサードリンク

年末年始ハワイで過ごそうとした時、

大抵の会社は12月28日頃から冬休みに入ると考えて

大手格安旅行会社HISで調べたところ

・1番安いハワイ5日間(ホノルル)

・WEB限定商品

・羽田発着

・部屋指定できない

・諸税等別途必要

・燃油サーチャージ込み

大人ひとり274,000円でした。

これがHISの現在の最安値です。

(円安の時に出掛けるともっと高くなって

しまうはずですが…)

最安値でこれなのでホテルのグレードをアップしたりすると

年末年始ハワイの値段はもっとお金がかかってきます。

最低価格で旅費だけで300,000円は覚悟しておいた方が

良さそうですね。

ところが出発月を11月にずらしただけで、同じホテルが

最安値で107,800円!

しかも同じ条件ですよ。

2倍以上の価格差があるではないですか!?

でも、年末年始は国民のほとんどがお休みで、

みんな寒い日本を脱出して暖かいハワイに…

と考えますし、まとまった休みも盆暮れ正月

ぐらいしか取れないのが会社員と言うもの…。

旅行会社も稼ぎ時なので仕方がない事ですが、

それにしても同じホテルでこの価格差が悔しすぎます。

年末年始は旅費だけで300,000円近くと考えると、



スポンサードリンク


その他、買い物をしたり、お土産を買ったり、

旅先では財布のヒモがかなり緩むので

ざっくり見積もって500,000円は必要そうです。

旅費以外は節約するならもう少し安くはなりそうですけどね。

ここがおすすめ!!年末年始はヨーロッパ!暖かい年末年始を!!

年末年始 海外旅行 相場

年末年始ハワイは日本人でいっぱいです。

ヨーロッパも同じくらいのお値段で暖かい年末年始を

過ごす事ができるんですよ。

ただ、成田空港発着となってしまい機内泊も

もれなくついてきてしまいますが…。

出発が成田21時すぎなので会社最終日の夜に

出発も可能なので、もしかしたら時間の

フル活用で便利かもしれません。

そして行き先はヨーロッパのアテネに行ってみましょう!

パリとかフランスは日本と変わらないくらいの気温なので、

暖かくは過ごせませんからね…。

少し遠いですがアテネであれば雪はほとんど降りませんし

比較的温暖な気候です。

ハワイのように海に入って遊ぶ事はできませんが

暖かく過ごしやすいアテネには色々な観光スポットが

あるので、飽きる事はないでしょう!



スポンサードリンク


ヨーロッパ文明の発祥地として有名な古代遺跡や芸術作品を

見学する事ができるので、ハワイと同じ値段を出すぐらいであれば、

今年の年末年始は歴史的な文化遺跡を堪能し写真を撮りまくり、

インスタに載せ自慢できる事間違いなしです!

アテネで年越しカウントダウンで盛り上がり、

そのまま1月1日の早朝にパルテノン神殿を見学に行って

「今年1年良い年でありますように」

とまるで初詣のように神様にお祈りしてくるのも

素敵な思い出になりそうです。

明治神宮で友人とはぐれるて参拝出来ないよりは

よっぽど神様に近寄れますよ!

まとめ

年末年始 海外旅行 相場

基本的に年末年始はどこに行くにも旅行代金が高い

と言う事が判明しました。

でも実家に帰って親戚の子供にお年玉をあげているぐらいであれば、

少し高いですが家庭を持ったらなかなか海外旅行に行く事が

できなくなるので、今年の年末年始は寒い日本を脱出して、

暖かい海外旅行へ行ってしまいましょう!

関連記事(一部広告含む)


関連記事(一部広告含む)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする