田舎暮らしを夢見ている人必見~これが田舎の悪いところ

記事上

スポンサードリンク





都会生活は便利で刺激的ですが、

健康的な生活には向いてはいませんね。

騒音、廃棄ガス、犯罪率の上昇など、

都会生活の弊害をあげればきりがありません。

特に、子育て中のお母さんは、

子供の安全と健康のために

毎日頭を悩ませていることでしょう。

できれば、時間がゆっくりと推移する

自然と安全な田舎で子育てをしたいと

思っている人もいるでしょう。

ですが、夢のように思える田舎暮らしも、

現実はそんなに甘いものではありません。

田舎は、長年にわたって培われた濃密な人間関係が

成立しており、隣近所が全て親戚ということも

あり得る閉鎖的な社会です。

当然にも、そのような閉鎖的な社会の田舎に

都会から移住すれば問題がおこります。

そこで、これらか田舎に移住を考えている人のために

田舎暮らしの理想と現実について今回はお話ししましょう。

田舎暮らし

スポンサードリンク

まずは、田舎暮らしの良い点

美しい山、海、川に取り囲まれた環境の中で

澄み切った空の下で暮らせることにあります。

しかも、お隣との距離があるので

庭をいじるにしろ子供のたてる騒音に

気をつかう必要がありません。

しかも、家事をしながら

自分の好きな音楽を大音量で聴けます。

なによりも嬉しいのは、

子供を安心して遊ばせることができます。

近隣に繁華街がないので、

子供が親の知らない所で遊ぶことがありません。

しかも、子供を日々美しい自然に

ふれさせることができます。

田舎の夜は早く、朝も早いので

規則的な生活を送ることでできて

健康を維持できます。

そして、地域には長年に渡り培われた

温かな人間関係が成立しているので、

何かあれば手助けしてくれます。

趣味であった野菜作りから本格的な農業ができるようになり、

自分で作ったものを安心して食べることができるので

家事に充実感があります。

しかも、野菜や魚など新鮮なものを食べることができるので、

子供も命のありがたみを日々知り学ぶことができます。

田舎暮らし 問題点

田舎暮らしには、素敵な点がある一方で

大変なこともあります。



スポンサードリンク


田舎暮らしで困る点を知ることによって、

田舎暮らしの準備がしっかりとできます。

まず、都会では多種多様な仕事があります

田舎では仕事そのものがありません。

ですから、田舎暮らしを計画する際には

充分な資金を確保しておきましょう。

さらに、古くから濃密な人間関係が成立しているので

受け入れてもらえるまでに時間がかかります。

その結果、近所付き合いの難しさに直面します。

若い世代の人が少ないので、

ママ友をつくることが難しいです。

また、都会では多種多様な子供のお稽古事や

塾を選ぶことができますが

田舎ではお稽古事や塾選びの幅が狭いです。

場合によっては、

子供にさせたいお稽古の教室自体が無い場合もあります。

通勤や移動に時間がかかり、

移動の手段としてマイカーは欠かすことができません。

その結果、ガソリン代がかさみます。

さらに、都会と比べて食品は安いのですが

生活用品は高い傾向にあります。

自然の力が強いせいか、雑草が伸びやすいので

毎日庭のお手入れをしなければいけないので

体力が必要です。

さらに、田舎では土地や家が広い分、

暖房費がかさむという面もあります。

人にはそれぞれの考えがあるでしょうが、

田舎暮らしが無理だと思えば

早々と都会に戻る勇気も持ちましょう。



スポンサードリンク


まとめ

資金面や人間関係など田舎暮らしには、

厳しい現実があります。

とりわけ、田舎で仕事を見つけることは至難の技です。

ですが、それを補っても自然から得るものが

あることは否定できません。

特に、自然の中で子供たちがのびのびと

成長できることは素晴らしいことですね。

食の安全も確保できるので、

家事に充実感を持つことができます。

さらに、都会と比べてゆったりとした時間の推移を

楽しむことができます。

その一方で、田舎は閉鎖的な社会特有の問題があります。

そこで、田舎暮らしに関しての問題点を

しっかりと考えた上で田舎への移住を計画しましょう。

また、田舎暮らしが合わないと思えば

すぐに都会に戻るという勇気を持ちましょう。