メープルシロップって太るの!?メリットとデメリット

スポンサーリンク

メープルシロップはたくさん摂取しても

太らないって聞いたのに…

 

 

なぜか太ってしまった。

 

 

体重に気を付けてメープルシロップに変えたのに

太ってしまうのはなぜなのでしょうか。

 

 

それはメープルシロップに原因があるわけではないのです。

 

 

確かに血糖値上昇を抑えれば太りにくくなりますが、

問題はメープルシロップと一緒に食べる物にあります。

 

 

フレンチトーストなどにたっぷりと

メープルシロップをかけてしまうと、

糖質がたっぷりな食べ物に、さらに糖質を

加えてしまうことになるため太るんです。

 

 

メープルシロップは太りにくいですが、

ほどほどにしておかないといけないということです。

 

 

 

メープルシロップと喉との意外な関係

スポンサーリンク

 

甘くて美味しいメープルシロップですが、

実は喉にとても良いのです。

 

 

はちみつでも良さそうですが

サトウカエデの樹液100%で作られているので

自然の恵みだからでしょうか。

 

 

余計な甘味料も入っていないので体にすごく良さそうですが、

なぜメープルシロップが喉に効果があるのかと言うと、

メープルシロップにはポリフェノールが54種類も含まれていて

強い抗酸化作用があるのです。

 

 

抗炎症作用もあり喉が痛い時や風邪を引いた時などに

ぴったりなのがメープルシロップなのです。

 

 

風邪や喉の痛みにメープルシロップを使う時は

エクストラライトというメープルシロップを

使うようにしましょう。

 

 

そこそこのお値段はしますが、

冷蔵庫に常備しておけば普段使いもでき、

風邪の時にも使えるので便利ですね。

無添加・有機メープルシロップ ゴールデン(デリケートテイスト) 250ml(330g) 有機JAS
 

ここで喉の風邪にも使えるレシピを紹介します。

 

 

大根を1/4用意し

(大根は消化を促し胃もたれ予防に効果的)

薄く切りいちょう切りにします。

 

 

レモン1個をいちょう切り、ライムも1個いちょう切り

メープルシロップ丸々1本容器に入れて、

しばらく置いておくと汁が出て来ます。

 

 

これをそのまますくって舐めてもよし、

紅茶に入れて飲むのもよし、これで

喉の痛みや風邪も良くなってきます。

 

 

 

メープルシロップのカロリー比較

メープルシロップ

 

メープルシロップには喉の痛みを改善してくれる

優れものとわかりましたが、やっぱり気になるのは

メープルシロップのカロリーです。

 

 

同じような甘いものと比較してみれば、

ダイエットの時にもカロリー計算しやすくなります!

 

 

まずはいつでもキッチンにある砂糖ですが、

カロリーは100gあたり384kcal。

はちみつのカロリーは100gあたり294kcal。

 

 

砂糖とはちみつを比べただけでも、100kcalほど

違いがでました。

 

 

煮物など料理に砂糖を使うよりは、

はちみつを使った方がカロリーも抑えられ、

味もコクのあるものに仕上がるので

うれしいことばかりですね。

 

 

ではメープルシロップのカロリーは

どのくらいか気になるでしょう。

 

 

メープルシロップのカロリーは

100gあたり257kcalと

なんとはちみつよりもカロリーが低いのです。

 

 

この3つを比べてみても

断然メープルシロップの方が

カロリーが低いことがわかります。

 

 

ダイエット中で甘味をつけたいのであれば

メープルシロップに頼った方が良さげですね。

 

 

しかし、メープルシロップは独特の風味があるので、

煮物に使うよりはお菓子作りに使った方が美味しく

仕上がります。

 

 

とは言え、メープルシロップが砂糖やはちみつと比べて

カロリーが低いからといって、食パンにたっぷり塗ったり、

そのまま舐めたりしていると、大量にカロリーを

摂ってしまうことになるので気をつけてください。

 

 

メープルシロップのメリットは喉の痛みを改善してくれ、

カロリーも低いことですが、カロリーが低いからと

何も考えずになんでもかんでとメープルシロップを

つけているとあっという間に太ってしまいます。

 

 

『太りにくい』は『太らない』ではありません。

 

 

そこをよく考えてメープルシロップを使うようにしてください。

 

 

 

まとめ

メープルシロップ パンケーキ

 

メープルシロップは血糖値の上昇を抑えてくれ、

ダイエットの味方であり、喉の痛みや風邪にも

効果を発揮してくれます。

 

 

しかし、量をほどほどにしておかないと、

痩せるどころか太ってしまうので、

計量してから使うようにしておけば、

優れた効果を得ることができますよ。

コメント