カンタン&ピカピカトイレ掃除!臭いの原因を完全にやっつける方法!

スポンサーリンク

日常生活で何回も使う場所と言えば、

トイレですよね!

 

トイレは家族全員が毎日使い、

汚れるのも1番早い場所。

 

なのに、汚いと気持ちも良くないし、

衛生面でも心配に…

 

毎日、どんなに綺麗にしても

少しづつ溜まっていく汚れ

目に見えない汚れが原因で臭いまで!?

 

その臭いの原因は、実は尿石なんです!

 

臭いの原因となる尿石や

見えない汚れをしっかり落として

トイレをピカピカにする方法を

これからお教えします!

スポンサーリンク

 

 

最強トイレ掃除テク!臭いの原因「尿石」に効果的なのはコレ!

トイレの臭いの原因、それは「尿石」です。

 

尿石とは、簡単に説明すると

おしっこの結晶です。

 

便器が黄ばんでいるのを

見たことがある人もいると思います。

 

その黄ばみがそれです。

 

成分はおしっこに含まれている

カルシウム等で、これが空気に触れると

変化して塊になります。

 

それが、便器にくっつくことで落ちなくなり

更に雑菌の力で頑固な汚れになります。

 

おしっこの中には、

アンモニアが含まれているので

一緒に固まって臭いをだします。

 

更にやっかいな事に

この汚れは酷いと配管にもくっつきます。

 

そうすると、

どんなに綺麗にしていても

配管を掃除しないと臭いはくさいままです。

 

では、配管まで侵食する前に

どうやって綺麗にするのか

説明していこうと思います。

 

尿石は、アルカリ性でできています。

 

なので、時間がたっていない汚れなら、

酸性の洗剤を使えば簡単に落とすことができます。

 

しかし、時間が経って

汚れがこびり付いてしまったら

尿石専用の洗剤を使用しないと落ちません。

 

専用の洗剤だと、

酸性の洗剤よりも汚れを落としやすく

配管の中の尿石も酷くなければ

落としてくれます。

 

専用の洗剤でも落ちない場合は、

物理的に削り落としていくしかありません。

 

陶器用の研磨パッドか、

目の細かいサンドペーパーで

優しく落としていきましょう。

 

基本的には酸性の洗剤が良いと覚えていれば

問題ありません。

 

削って落とさないといけないレベルで

放置することは滅多に無いと思います。

 

もしも、削っても落ちないレベルの場合は

残念ですが業者を呼んで落としてもらう

しかありません。

 

そうなる前に、普段からこまめに掃除をしましょう。

 

トイレをピカピカに掃除できるのはコレ!クエン酸が効果的!

トイレ 掃除 臭い

 

普段のトイレ掃除で、

簡単にかつ綺麗に汚れを落とすには

どうしたら良いのか悩んじゃいますよね。

 

普段のトイレ掃除で、

ピカピカにするのにおすすめなのは

クエン酸です。

 

セットで重曹も使うと更に効果的で、

その理由を今から説明していきます。

 

先程、尿石はアルカリ性でできているので、

酸性の洗剤がおすすめと紹介しました。

 

クエン酸も、酸性でできているので

水垢や尿石を落とすのに効果的なんです。

 

また、重曹と組み合わせて使うと

酸性の汚れも合わせて落とすことができます。

 

また、クエン酸の効果で

除菌・抗菌効果もあるので

多少は綺麗な期間を保つことができます。

 

1番簡単な方法は、

クエン酸スプレーと重曹スプレーを作って、

最初に重曹スプレーで便器内を

スプレーしてから3分間放置。

 

その後、簡単にブラシで擦って落としてから

クエン酸スプレーで落ちなかった汚れを

綺麗にします。

 

擦るのが面倒な場合は、

重曹スプレーの中身を入れてから

クエン酸スプレーの中身をいれ、しばらく

放置して汚れを浮かせる方法もあります。

 

クエン酸を使用するときは、

絶対に塩素系漂白剤を使用しないでください。

 

有毒ガスが発生して、

命の危険に繋がる場合があります。

 

 

まとめ

トイレ掃除 面倒くさい

 

トイレの掃除って面倒ですよね。

 

しかも、サボったりすると

臭いが気になるあげくに

頑張って掃除してもなかなか落ちない!

 

さらに、便器が黄色になったりもしますね。

 

これは尿石が原因です。

 

臭いの原因をしっかりと理解して、

適切な掃除をすれば簡単に綺麗になりますし

嫌な臭いも発生しません。

 

臭いの原因となる、

尿石をしっかりと落として

クエン酸を使ってうまく臭いの予防を

していきましょう!

 

そして、何回でも言いますが

クエン酸と塩素系漂白剤を組み合わせるのは

大変危険な行為なので絶対にやめてくださいね!

コメント