毎日続けて毎日快腸!便秘にお悩みの方にはスムージーがおすすめ

スポンサーリンク

現在、若い子に流行りのスムージー!

 

 

いったい何なのかと言うと、

凍らせた果物や野菜を

シャーベット状にしたドリンクです。

 

 

果物はバナナやリンゴ、

野菜はほうれん草や小松菜など、

青い野菜がレシピに多く使われています。

 

 

ちなみに、牛乳を加えたり氷を加えた

シャーベット状のものはシェイクと

なってしまうため別物になります。

 

 

シェイクとスムージーは、

少し見分けがつきにくいので

わかりにくいですよね。

 

 

この、スムージーには果物や野菜の食物繊維

が豊富に含まれているため、お通じが

よくない人にはおすすめで栄養も組み合わせ

によってはバランス良く栄養も摂取できます。

 

 

便秘解消に効果がある理由と、

飲む際の注意点を紹介していきます。

スポンサーリンク

 

 

スムージーが便秘解消に効果がある理由とは?

先程、簡単に説明した通りスムージーには

食物繊維が豊富に含まれています。

 

 

たしかに茹でたり炒める等の調理で食べれば

摂取するとこができますが、

1度に摂取出来る量に限界がありますよね。

 

 

ですが、スムージーだと多い量を

飲み物にしてしまうので、

1度に食べるよりも多い量が摂取できます。

 

 

その為、食べるよりも多くの食物繊維が

摂取出来るので便秘の解消に繋がるのです。

 

 

先程、牛乳やアイスを加えると

シェイクになり別物と説明しましたが、

実はヨーグルトは入っていても

スムージーと呼べます。

 

 

その為、レシピの中に

ヨーグルトが入っているものが多いです。

 

 

そして、ヨーグルトが入っているお陰で

腸内環境も整いさらに効果が期待できます。

 

 

バナナやハチミツが入っていると、

更に効果的です。

 

 

ヨーグルトの中に入っている乳酸菌は、

オリゴ糖が好物で一緒に摂取すると

一緒に摂取していない時よりも

頑張って働いてくれます。

 

 

このように、スムージーには

野菜や果物の食物繊維が通常の食べ方よりも

多くとることができ、更にレシピによっては

ヨーグルトや乳酸菌の餌になるような

オリゴ糖が含まれていて、腸内環境を整える

スペシャルドリンクになります。

 

 

これが、スムージーが便秘解消になる理由です。

 

 

スムージーを飲む際の注意点とは?

スムージー 注意点

 

スムージーには便秘解消にうってつけの

ドリンクのように書きましたが、

実はデメリットもあります。

 

 

まず、便秘の種類によっては

効果が無いどころか悪化させたり

くだしてしまう可能性もあります。

 

 

痙攣性便秘の方にはおすすめできないので

まずは自分がどの便秘なのかを

きちんと調べて見ましょう。

 

 

また、食物繊維には2種類あって

水溶性と不溶性の食物繊維があります。

 

 

この2つをバランス良く摂取することが肝心です。

 

 

特に、不溶性は摂りすぎると

逆に便秘を悪化させてしまうため

注意が必要です。

 

 

スムージーを作る際は

自分にどれがあっているのか

色々試してみましょう。

 

 

また、スムージーばかり飲んで

食事を簡単に済ます方がいますが、

スムージーだと飲むだけで咀嚼行為

がありません。

 

 

そのため、唾液の分泌が減ってしまいます。

注意しましょう!

 

 

まとめ

スムージー 便秘

 

食物繊維もしっかりとれて、

栄養も比較的簡単に摂れるスムージー!

 

 

食べるよりも1度に摂取できる野菜や

果物が多く材料の組み合わせによっては、

乳酸菌が豊富なヨーグルトや乳酸菌の

餌になってくれるハチミツも一緒に

手軽に摂取できます。

 

 

しかし、手軽に栄養を摂取できるメリットの

反面通常の食事での咀嚼行為が無意識に

減ってしまうデメリットもあります。

 

 

スムージーはあくまで快腸にするための

補助ドリンクとして飲むようにしましょうね!

 

 

自分で作るのが面倒だったり、

時間が無い場合はコンビニでも

売っているところが多いです。

 

 

無理せず自分で作れなくて挫折するよりも、

たまにコンビニで簡単に買って済まして、

長続きができるように頑張りましょう!

 

 

最後になりますが、

スムージーは薬でも治療方法でもありません。

 

 

なにか病気が原因の可能性もありますので、

重症だと思ったら1度医療機関への受信を

おすすめします。

コメント